2024年!立春の意義や日程と朝にすると良いことや縁起物!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

季節
スポンサーリンク

春の気配は既に感じられますが、まだまだ寒さが残る中で、立春は新しい季節の始まりを告げます。

新しい季節に向けて、美味しい料理や縁起物を楽しみながら春を迎えましょう。

この記事では、立春の意義や日程、そして立春にぴったりの食べ物や縁起物について紹介します。

スポンサーリンク

立春とは

立春の意義

「立春」は、24節気の中で春の幕開けを象徴する日です。

暦便覧によれば、「春の気が立つことから立春と呼ばれる」と説明されています。この日は、寒さがピークに達し、春の気配を感じさせる時期です。

実際には、日本で最も寒い時期は1月の終わりですが、立春が訪れると最低気温が緩やかに上昇し、春の兆しを感じることができます。

暦の上では、春は「立春」から始まり、次は「立夏」までが春とされています。

立春の日程

2024年の立春は2月4日です。

旧暦を基準にすると、立春はお正月と関連付けられることがありますが、新暦ではお正月は寒さが最も厳しい「大寒」に近い時期に当たります。

それに対して、立春は春らしい新しい季節の始まりを意味します。

しかし、旧暦では2つの異なる月の区別がありました。

暦の日付に基づく「暦月」と季節に基づく「節月」があり、お正月も「暦月」のお正月と「節月」の立春正月が存在しました。

お正月の行事は通常「暦月」に基づいて祝われ、暦の運勢も一般的に「節月」の新年を基準としていました。

「暦月」の観点から見ると、

新年は「雨水」の直前の新月の日から始まります。

この「雨水」は、「立春」の約15日後に訪れます。

新年が立春の前後(新暦の1月下旬から2月中旬)に位置するのは、新月の日を一月一日に設定した結果です。

一方、「節月」の観点では、

新年は「立春」から始まります。この「節月」は、農業の予定や俳句の季語の基準として重要であり、厄年の始まりも1月1日ではなく「立春」に設定されることがあります。

また、禅寺では「立春大吉」のお札が配布されたり、厄除け祈願が行われたりします。

期間の観点から見ると、立春は暦の七十二候の中で「雨水」の前日までの期間を指し、2月19日に「雨水」が訪れます。

この時候の挨拶である「立春の候」は、2月4日から18日までの期間に使われます。

立春の食べ物と縁起物

立春の食べ物

立春の食べ物は数が限られていますが、それらは新しい春の訪れを感じさせるさわやかなものばかりです。

立春の水

立春の初めにくむ水は、一年の悪縁を祓うと信じられています。

この水は神棚に供え、後で料理やお茶にも使用されます。

この習慣は後に、お正月や元旦にも広まりました。澄んだ冷たい水は心も清めてくれます。

神棚がない場合でも、高い場所に本棚などを代用することができます。

立春朝搾り

日本酒の仕込みは寒い冬に行われますが、「立春朝搾り」は立春の朝に絞り上げられる特別なお酒です。

これは福を呼び込むとされ、日本各地のお店で入手できます。

立春の和生菓子

立春の朝に作られる和生菓子も縁起が良いとされています。

伊勢の赤福は、「立春大吉餅」という豆大福を提供しており、その日だけ手に入ります。

お住まいの地域の和菓子店でも、同様の企画を行っているかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

立春の縁起物

「節切り(節月)」において、立春は新年の始まりです。

禅宗の寺院などでは、立春の朝に「立春大吉」と書かれたお札を門に掲げる習慣がありました。

このお札には、縦に一本の線を引くと左右対称になる「立春大吉」という文字が書かれています。

「立春大吉」のお札の効力は次のように表れます。節分の鬼が家に入ってきて、振り向いた瞬間、玄関に掲げられた「立春大吉」の札が目に入りました。

の札は裏から見ても「立春大吉」と読むことができ、鬼は「ここにはまだ入っていない!」と誤解し、急いで去って行きました。

このような効力があるため、柱などに「立春大吉」のお札を掲げて、一年間の厄除けに利用されています。

「立春大吉」のお札は、近隣の禅宗の寺院や神社などで手に入れることができ、自分で書くこともできると言われています。以下は一部の例です。

  • 豊川稲荷(愛知県)や東京別院などの曹洞宗寺院。
  • 出雲大社の相模分祠。お正月から提供されています。
  • 春日大社(奈良県)の神社。節分の日に「立春大吉」のお札がついたねこやなぎの小枝が提供されます。
  • 東福寺境内の勝林寺(京都)臨済宗のお寺。「立春大吉」の御朱印を授与されます。
  • 越木岩神社(兵庫県西宮市)。
  • 西願時(愛知県)で通販で「立春大吉」のお札が郵送可能。

その他にも、地域によって様々な場所で入手できる可能性がありますので、地域名と「立春大吉」「札」を使って検索してみることをおすすめします。

新しい財布で春を迎えよう!

春に新しい財布を手に入れると、財運が向上すると言われています。

これは春との調和からくるものかもしれません。

風水の観点では、「立春」は特に運勢が良い日であり、財布の運勢も一段と良くなると言われています。

黄色の財布は金運を、ピンクの財布は恋愛運や対人関係、家庭運をアップさせると信じられています。

最後に

寒い季節の中でも、新しい気持ちで立春を迎えましょう。

旧暦の節月においては、お正月に相当します。

朝一番に邪気を払うために冷たい水を飲んだり、幸運を呼ぶ美味しい和菓子を楽しんだり、お酒が好きな方は立春朝絞りを楽しんだりしましょう。

良い春をお迎えください。

スポンサーリンク
季節
スポンサーリンク
がねりゅうブログ