ホワイトデーの由来と3月14日の意味

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

イベント
スポンサーリンク

2月14日のバレンタインデーから1か月後の3月14日に、日本では「ホワイトデー」と呼ばれる特別な日が訪れます。

この日は、バレンタインデーに女性から贈られたチョコレートへのお返しを男性が行う日として、日本社会に根付いています。

しかし、なぜ「ホワイトデー」という名前なのでしょうか?

また、バレンタインデーからちょうど 1か月後の3月14日を選んだ背後には、どのような意味があるのでしょうか?

今回は、ホワイトデーの起源とその意味、さらに3月14日の象徴するものについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ホワイトデーの起源

ホワイトデーの起源には諸説が存在します。

日本のお菓子業界が、マシュマロ、ビスケット、キャンディなどを「お返しの贈り物」として宣伝販売し始めたのがその始まりとされています。

特に、キャンディ業界が躍進的な役割を果たしました。

1970年代初めにバレンタインデーのお返しにキャンディを贈るアイデアを提案し、デパートなどで大々的なキャンペーンが展開されました。

この試みは成功を収め、やがて日本中に広まり、「ホワイトデー」は日本固有のイベントとして定着しました。

一方、ホワイトデーは日本独自の習慣であり、世界の多くの国々では見当たりません。

最近では、中国、台湾、韓国などの一部の東アジア国でも受け入れられています。

ヨーロッパやアメリカなどの多くの国々ではこの習慣は一般的ではありません。

それにもかかわらず、日本のホワイトデーは贈り物と愛情の表現の素晴らしい機会として愛され、楽しみにされています。

「ホワイトデー」の名前の由来について

「バレンタインデー」は、3世紀ごろに、恋人たちを秘密裏に結婚させたローマの司教・聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏が殉教した日です。

その名前はこの聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏に由来しています。

一方、「ホワイトデー」の名前は、製菓に必要な材料である砂糖の色や、純真さ、清潔さなどを表す「白」に由来していると言われています。

なぜなら、日本のお菓子業界がホワイトデーを発祥の地とし、砂糖の色と関連している可能性が高いからです。

この「白」のイメージは、ホワイトデーに贈り物をする際の純粋な気持ちや、愛情を表現する際のシンボルとして重要な要素とされています。

なぜホワイトデーは3月14日に設定されたの?

ホワイトデーが3月14日に決まった背後には、聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏に関する伝説が関与しています。

伝えられるところによれば、聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏が救ったあるカップルが、2月14日の司教の殉教した日からちょうど 1か月後に結婚したという言い伝えがあるためです。

なので、ホワイトデーは3月14日に設定されたのです。

ホワイトデーお返し

ホワイトデーにお返しを贈る習慣は、バレンタインデーに女性から贈られた品に対して男性がお返しを贈ることが一般的です。

お返しの予算は、もらった品と同等程度が一般的ですが、関係性や好みによって異なります。

近年では、男性が事前に女性の好みをリサーチし、より特別な贈り物を選ぶ傾向が増えています。

お菓子だけでなく、アクセサリーやシャンパン、おしゃれな小物など、さまざまなジャンルのお返しの品が広がっています。

ホワイトデーは愛情を伝える素晴らしい機会として楽しみにされています。

まとめ

ホワイトデーの起源と由来は、日本における独自の文化として深く根付いています。

この特別な日を通じて、お菓子や贈り物を介して愛情を豊かに表現する美しい慣習として広く愛されています。

この伝統的なイベントは、日本の社会において一年を通じて人々の心を温かくし、絆を深める重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ