「主婦休みの日」の成立背景と祝日の意義

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

イベント
スポンサーリンク

主婦は一般的に、年中無休の仕事をしていると考えられていますが、実は「主婦休みの日」という特別な日が存在します。

この日について聞いた人の中には、「主婦が休むと家庭が混乱するのでは?」という疑念を抱く人もいるでしょう。

では、この日の由来や意義は一体何でしょうか?

なぜ1月25日、5月25日、9月25日に設定されているのかも気になることでしょう。

「主婦休みの日」について詳しく説明します。

スポンサーリンク

「主婦」とは?

「主婦」とは、主に家庭内で家事や育児を担当している既婚女性のことを指します。

同様に、家事や育児を主に担当する既婚男性は「主夫」と呼ばれます。

なお、「主婦休みの日」は、主婦だけでなく主夫も対象としています。

「主婦休みの日」の成立背景

「主婦休みの日」は、株式会社サンケイリビング新聞社を中心に、年中無休で家事や育児に努力している主婦に一息つかせるために、平成21年(2009年)に設立された記念日です。

この日には以下の3つの目的が提唱されています。

  1. 家事や育児に奮闘する主婦がリフレッシュできる日
  2. 家族全体が元気になり、国も元気になる日
  3. 夫や子どもたちが家事に挑戦し、一緒に活動する日

「主婦休みの日」は、ただ主婦が休むだけでなく、他の家族が家事や育児について考える契機ともなっています。

何をする日?

「主婦休みの日」は、主婦たちが日常の家事や育児から解放される特別な日です。

言い換えれば、何もしない日とも言えるかもしれません。

この貴重な休日を有効に活用するために、以下の提案があります。

家でのんびり過ごす

家族を外出させ、主婦が家事を気にせずにリラックスする時間を持ちます。

読書、テレビ鑑賞、趣味の追求など、家でしかできない楽しみを満喫します。

一人でおでかけをする

家族の気を使わず、自分だけの時間を楽しむことができます。

お気に入りのお店を訪れたり、新しい場所を散策したり、自分のペースでドライブしたりできます。

友達と会う

家事や育児の忙しさから、友達との交流が難しくなることもあります。

この日は家族に家事を頼んで、久しぶりの友達と楽しい時間を共有しましょう。

しかし、現実的には主婦が一日中家事や育児を休むのは難しい場合もあります。

休んだ分の家事が後で残る可能性もあるため、家族の協力が不可欠です。

家事代行サービスを使って見るのもあり

家事が難しい場合、家事代行サービスを利用するのも一つの選択肢です。

家事代行サービスは、多岐にわたるサービス内容を提供しています。

掃除や料理など、自分たちでは難しい作業だけを依頼することもできます。

また、初めて利用する人向けにトライアルコースを設定している会社も多く存在します。

なぜ1月25日・5月25日・9月25日?

「主婦休みの日」の日付は、株式会社サンケイリビング新聞社が主婦や女性向けの生活情報誌を発行しており、読者のアンケート結果に基づいて決まりました。

「主婦休みの日」は年に3回設定されています。それぞれの日付を見てみましょう。

  • 年末年始休暇が終わった1月25日
  • ゴールデンウィークが終わった5月25日
  • 夏休みやお盆休みが終わった9月25日

これにより、忙しい時期の後に「一息つきたい」という主婦たちの希望に合わせています。

3回ある主婦休みの日の内容に違いはありません。

「主婦休みの日」は、外で働いている人と同様に休息を取る機会を提供し、家事や育児について家族と話し合う契機として広まりつつあります。

まとめ

「主婦の日」は、主婦たちに家事や育児から解放される特別な休日で、家事代行サービスも利用できます。

1月25日、5月25日、9月25日に設定され、主婦の忙しい時期の後に休息を提供し、家族とのコミュニケーションの機会となっています。

日々忙しい主婦のみなさんがゆっくりするための「主婦の日」。

もっと定着するといいなと思います。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ