熊手の処分はどうする?適切な管理方法と5パターンの方法!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

前年に購入した熊手について悩んでいませんか?

熊手を持ち続けることが不吉なのか、毎年新しいものに交換する必要があるのかについての疑問を解決します。

大切な熊手をどのように扱うべきか、またはそれをどうすれば良いのかについてお知らせします。

具体的な例を挙げながら、理解しやすい方法で説明します。

スポンサーリンク

前年に購入した熊手の取り扱はどうすれば良いの?

ここでは、そのような熊手の適切な管理方法と、考慮すべき点について詳しく説明します。

『熊手(くまで)』は、運や財を引き寄せ、幸運を集めるために使用される縁起の良いアイテムです。

商売繁盛や開運招福に効果があるとされ、商人だけでなく、家庭の安全や恋愛の成就、健康、勝利を願う人々にも愛されています。

伝統的には、熊手は毎年少しずつ大きくするか、同じ店で購入するのが良いとされていますが、これには販売者の意図が感じられることもあります。

熊手を毎年新しいものに交換する必要があるのか、また昨年の熊手を処分するべきかについて、実際には定められたルールやマナーは存在しません。

古い熊手を奉納する儀式がありますが、これは新旧の交代を奨励するものではなく、過去に購入した熊手を飾り続けることに何の問題もありません。

熊手の取り扱いに関する一般的な誤解や疑問を解消し、お気に入りの熊手をどう扱えば良いか、また処分する場合の方法について、具体的な例を交えて解説します。

熊手の処分に関する方法

熊手は、購入元に返納するのが一般的な手順です。

例えば、酉の市で購入した熊手は、その市が開催される期間に設置された「納め所」に返納します。

具体的には、浅草の酉の市の場合、浅草鷲神社や長國寺の入り口に特設された「古熊手納所」に返納します。

また、十日戎で購入した熊手は、関連する神社に。

初詣で購入した場合は、その神社に返納するのが通例です。

毎年新しい熊手を購入する場合は、新しいものを買う際に前年の熊手を持参し、返納所に預ける流れが一般的です。

去年の熊手だけでなく、より古い熊手も返納所で受け付けてもらえます。

返納する際は、感謝の気持ちを込めて行うことが大切です。

注意点として、熊手に付属している大入り袋には、時に5円玉が含まれていることがあります。

「五円(ごえん)」は「ご縁」と言葉遊びができ、穴の開いた硬貨として「見通しが良い」ともされるため、神社への賽銭に好まれる傾向があります。

返納する際には、大入り袋の中身を確認してください。

熊手を返納する機会を逃した場合は?

酉の市や十日戎で熊手を返納する機会を逃した場合や、購入先が遠方である、または贈り物として受け取った熊手の処分方法について説明します。

1.近隣の神社への返納

購入先に直接行けない場合、地元の神社で返納することが可能です。この際、事前に神社に連絡し、返納の可否を確認してください。

2.御焚き上げ

小さい熊手の場合、神社やお寺で行われる御焚き上げにて処分できることがあります。これは、大晦日や初詣の際に実施されることが多いです。お札などと一緒に、お賽銭を添えて納める方法です。この方法も、事前に問い合わせが必要です。

3.どんと焼き(どんど焼き)

どんと焼きは、1月15日の小正月に行われる火祭りで、しめ縄や松飾り、お守りなどを燃やす行事です。この機会に熊手を処分することも一般的ですが、神社やお寺によっては受け入れていない場合もありますので、こちらも事前の確認が重要です。

4.自分で処分する

熊手は自宅で処分することもできます。大きな熊手は解体し、小さなものはそのまま新聞紙で包んで、普通のゴミとして処分することができます。包む際は、お清めのために塩を振っておくことが推奨されます。熊手は神様が宿っているものではなく、飾り物としての扱いなので、通常のゴミ収集での処分が可能です。処分する際は、感謝の気持ちを込めることが大切です。

返納するにしても自分で処分するにしても、感謝の気持ちを込めて手放しましょう!!

まとめ

熊手は、商売繁盛や開運招福の象徴とされ、多くの人に愛されています。前年に購入した熊手を保持し続けることに特に問題はありません。

一年ごとに熊手を処分するという明確な規則や慣習は存在しません。

販売期間中に古い熊手の奉納やお焚き上げの行事があることもありますが、これは新しい熊手を飾ることを強制するものではないため、現在飾っている熊手をそのまま続けて飾っても問題ありません。

一般的には、新しい熊手を購入する際には、前年の熊手を購入先に持ち帰り、返納する流れがありますが、これも必須ではありません。

購入した場所に関係なく、古い熊手は返納所で受け付けてもらうことができます。
熊手の廃棄には、以下の簡単な5つの選択肢があります。

  • 開催時期に設置された返納所へ持参する。
  • 地域の神社にて返納する。
  • 御焚き上げの儀式を利用する。
  • どんと焼き(またはどんど焼き)としての処分。
  • 自宅で処理する

これらの方法はどれも容易に実行できるため、安心してください。

大切な熊手を通じて、繁栄と幸運がもたらされることを願っています。


スポンサーリンク
季節
スポンサーリンク
がねりゅうブログ