お守りを他人からプレゼントされると効果が増す?その効果と送り方の秘訣!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

お守りは、自分で購入するか他人から受け取るかにかかわらず、その効果に違いはありません。

しかし、他人からお守りを受け取る際には、受け取る人が贈り主を信じ、贈り主が贈る人の幸せを願っていることが大切です。

贈り主がお守りを購入することは、贈る人への親切な意思を示しています。

しかし、お守りを受け取る人が贈り主に対して良い感情を持っていなければ、そのお守りからの恩恵は期待できないと言われています。

また、お守りを他人に贈るのは問題ありませんが、できれば新品のものを贈ることが望ましいです。

「自分のお守りを他人に贈ることで恩恵があるか」という点は、「贈る人の気持ちによる」とされています。

重要なのは「贈る人が、受け取る人の幸福を願うこと」と、「お守りを贈った後もその願いを持ち続けること」です。

お守りを贈る人と受け取る人の双方の願いが込められると、その効果は強まるとされています。

この記事では、以下の点について説明します:

  • 他人からお守りをもらう方が良いかどうか
  • 他人にお守りを購入してもらう際の注意点
  • お守りを交換することで恩恵も交換できるか
  • 自分のお守りを他人に贈っても問題ないか
  • 他人にお守りを貸すことについて

お守りの効果を高めたい方や、他人にお守りを贈ったり交換したりすることに興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

他人からお守りをもらう方が良いかどうか

「他人からのお守り、その真実とは?」という疑問がありますね。

お守りの効果については、自分で選んだものでも他人からもらったものでも変わらないとされています。

ただし、他人に代わってお守りを受け取る場合、そのことを祈りに含めるのが良いでしょう。

お守りは、贈る人の思いを反映するとも言われています。

誰かの手を経由してお守りを受け取ると、その人の良い意志がお守りを強化するかもしれません。

もし気に入らない人からお守りをもらったり、何か違和感を感じた場合は、持ち歩かなくても構いません。

感謝の気持ちを持ちつつ、一年後には適切に処理することをお勧めします。

お守りの持続期間は一年とされていますが、遠方の神社のお守りについては、贈る側になる際に相手の考えを尊重することが大切です。

私の友達が、毎年、私の母のために足のお守りを贈ってくれます。

母は足が悪いのですが、なんとか元気に・・・という私の友達の温かい気持ちをうけとり、お財布に入れていつも持ち歩いています。

お守りを贈る側も贈られる側も、お互いがお互いのことを大事に思っているからこそお守りを贈るという行為になるのだと思います。

お守りを交換することで恩恵も交換できるか

お守りは神様からの加護を受ける特別なアイテムであり、軽々しく扱うべきではありません。

これは単なる飾りやアクセサリーではなく、神様の守りを象徴するものですので、その重要性を忘れないでください。

例えば、親友同士がお互いの成功や幸福を願い、寺院や神社でお守りを新たに受け取り、それを交換することは問題ありません。

そうした場合、そのお守りは特定の人のために受け取るものであることを祈りに込めることがおすすめです。

お守りは通常、一年間の有効期限があり、その間に持ち主の災厄を吸収するとされています。

例えば、病気から回復した人が、同じ病で苦しむ友人にそのお守りを贈ることがありますが、その場合は新しいお守りを祈りと共に贈るのが適切です。

また、部活動などで大会に勝つことを願い、自作のお守りを作ることもあります。

友人と気軽に交換したい場合は、このように自分で作ったお守りを交換するのが良いでしょう。

自作のお守りは神様の力を含まないので、自由に交換できます。

その中には、励ましの言葉やパワーストーンなど、ポジティブなエネルギーを感じられるものを入れると良いでしょう。

自分のお守りを他人に贈っても問題ないの?

「お守りを贈る際、新旧に関わらず、気持ちが込められていれば問題なし」と一般的に考えられていますが、新品の方が望ましいとされています。

お守り自体に特別な力があるわけではなく、重要なのは「相手の幸せを願う心」です。

神様や仏様は、そのような純粋な願いを見守っています。

お守りを贈る際の要点と注意点は以下の通りです。

お守りを贈る際の要点

  • 新しいお守りを贈る場合は、まず神社で参拝し、その後に購入すると良いでしょう。
  • 贈る相手の幸福を願いながら購入すると、その人に恩恵がもたらされるとされています。
  • 参拝時には、願い事(厄除けや合格祈願など)をはっきりと伝えることが大切です。

お守りを贈る際の注意点

  • 不安定な気持ちでお守りを贈ると、逆効果になる恐れがあります。落ち着いた心で贈りましょう。
  • 負の感情ではなく、良い願いをお守りに込めることが重要です。
  • お守りを贈ること自体が、相手に「思いやりがある」と感じさせ、安心感を与えます。心を込めて贈りましょう。

他人にお守りを貸すことについて

「自分に利益をもたらした」としても、使ったことのあるお守りを他人に渡すのは基本的に避けるべきです。同様に、貸す行為も控えるべきとされています。

一般的には、「個人が入手したお守りには、その人固有の願いが込められている」と考えられます。

お守りを使用して願いが成就した場合、それはそのお守りの力が消耗されたことを意味し、他の人の願いを叶える力は既にないとされます。

さらに、お守りの効力は一年が経過すると弱まると言われていますので、一年以上経ったお守りは効力が低下している可能性があります。

ただし、大切な人に譲る場合は、そのお守りも良い影響をもたらすかもしれません。

大切にしていたものを人に渡すことには、特別な意味が込められていますし、その思いやりの気持ちがお守りにも反映されることでしょう。

まとめ

他人からもらったものであれ、自分で購入したものであれ、お守りには効果があります。

しかし、贈り物として快く受け取れない場合は、無理に保持する必要はありません。

誰かにお守りを贈る際には、代理で受け取ることを神様に伝え、贈る人を心から思いやることが大事です。

もし気軽に交換を楽しみたい場合は、寺院や神社のお守りではなく、手作りのお守りを選びましょう。

大切な人からもらったお守りは、その効果にかかわらず、あなたにとって価値のあるものとなるでしょう。

お守りを他人に贈る行為自体に問題はありませんが、可能であれば新しいものを選ぶことが望ましいです。

しかし、お守りを持つこと自体は「持つ人の心次第」とも言えます。

大切な人に自分の大切にしているものを譲る行為や、その人のために願うことは、非常に素晴らしいことです。

お守りは「神様や仏様が見守る、ありがたい存在」であり、「心の支え」ともなります。

あなたの以前のお守りでも、新しく手に入れたものでも、贈る人が相手の幸福を心から願い、その後も願いを持ち続けるならば、受け取る人は安心してそれを受け入れられるでしょう。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ