メガネを買うならどこがいい?賢く選ぶためのショップを探そう!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし

このガイドでは、眼鏡の購入に最適な場所について探求しています。眼鏡店の選択肢は多岐にわたり、手頃な価格の店舗から長い歴史を持つ店舗まであります。

眼鏡の購入を検討しているものの、どこで購入すべきか迷っている方も少なくないでしょう。

この記事では、「どこで眼鏡を作るか?」というテーマを掘り下げ、人気の眼鏡店の特色や利点、さまざまなカテゴリーでの推薦店を詳細に説明しています。

各眼鏡店の独自の特徴をきちんと理解し、自分に最適な眼鏡を見つける参考にしてください。

スポンサーリンク

メガネはどこで買うのが良い?

さて、最適な眼鏡店を選ぶためのガイドを始めましょう。

今回は、多くの眼鏡店の中から特に人気がある6つの店舗を選び、それらを比較していきます。

  • JINS
  • Zoff
  • OWNDAYS
  • 眼鏡市場
  • メガネの愛眼
  • メガネのパリミキ

これらの店舗はそれぞれに独自の魅力や特長があります。

JINS

「手頃な価格の眼鏡」を業界に広めたJINSについて、3つの主要な特徴を紹介します。

  • 完成した眼鏡のセットが5,500円から入手可能
  • 追加費用なしで薄型レンズが選べる
  • セルフレームの選択肢が非常に多い

JINSの一番の特長は、コストパフォーマンスの高さです。わずか5,500円から全セットの眼鏡が購入できます。

また、度数の高い人にとっても嬉しいのは、薄型レンズへの変更が追加料金なしで可能である点です。

さらに、フレームの種類も豊富で、他社が取り扱う1,000種類に対して、JINSは約3,000種類を提供しています。シンプルなデザインから洗練されたものまで、幅広い年齢層に合うフレームが見つかります。

「低コストで薄型レンズを求める方」や「豊富な種類からフレームを選びたい方」には、JINSが最適な選択肢と言えるでしょう。

Zoff

「軽量で頑丈な『Zoff SMART』が人気を博したZoffについて、3つの主要特徴を紹介します。

  • 完成した眼鏡セットが5,500円から手に入る
  • ブルーライトをカットするレンズが追加料金不要
  • 度付きレンズには国産メーカーのものを採用

JINSと同様、Zoffもメガネ一式を手頃な価格の5,500円から提供しています。これにより、低コストでの購入が可能です。

Zoffでは、薄型レンズへの変更には追加費用がかかりますが、ブルーライトカット機能は無料です。

一般的に他の眼鏡店でブルーライトカットのオプションを選ぶと、約3,000円から5,000円の追加料金が必要です。そのため、PCの画面を頻繁に使用する方には、Zoffのこの提供がコストパフォーマンス面で魅力的です。

さらに、Zoffの魅力の一つとして、度付きレンズに国産メーカーの製品を使用している点が挙げられます。

「手頃な価格でブルーライトカットの機能を求める方」「海外製レンズに対して不安を感じる方」には、Zoffが理想的な選択肢となります。

OWNDAYS

「眼鏡業界のトレンドセッター」として、スタイリッシュなデザインの眼鏡を提供するOWNDAYSについて、3つの主要特徴を紹介します。

  • 眼鏡のセットが6,600円から手に入る
  • 店舗での提供時間が最短20分
  • 返品保証が付いている

価格面では、レンズとフレームのセットが6,600円から始まり、JINSと同じく薄型レンズも選べます。

OWNDAYSのコンセプトは、洋服と同様に日替わりで眼鏡を楽しむこと。つまり、多様なスタイルに合わせて複数の眼鏡を所有するライフスタイルを提案しています。

OWNDAYSは、手頃な価格と分かりやすい料金体系を採用しており、メガネの製作が迅速な点が特徴です。これにより、洋服を選ぶような気軽さでメガネ選びができるシステムを提供しています。

その他に、OWNDAYSが提供する独自のサービスとして「返品保証」があります。これにより、購入後1ヶ月以内であれば理由を問わず商品の返品が可能です。

「手軽にメガネを選びたい」と考えている方にとって、OWNDAYSは理想的な選択肢です。

眼鏡市場

眼鏡市場は、メガネ業界において売上No. 1の実績を持つことで知られています。ここでは、眼鏡市場の3つの主要特徴を紹介します。

  • 薄型レンズの提供が追加料金なし
  • 遠近両用レンズの選択が可能
  • 高品質な品質管理にこだわり

価格帯は、レンズとフレームのセットで13,200円から設定されています。

眼鏡市場の大きな利点は、薄型レンズや遠近両用レンズへの変更が追加料金なしで可能である点です。

さらに、中近両用や近近両用など、さまざまなタイプの多焦点レンズを選ぶこともできます。

他の眼鏡店で遠近両用レンズを作成する際には通常、5,000円から1万円程度の追加費用がかかる中、眼鏡市場ではこれを標準装備としています。

また、薄型レンズの変更にも追加料金が発生しないため、眼鏡市場は視力矯正において費用効率が良いと言えます。

品質管理にも力を入れており、自社工場での徹底した検査と検品がその強みの一つです。

「遠近両用レンズを低コストで作りたい」と考えつつ「品質にもこだわりたい」という方には、眼鏡市場が適しています。

メガネの愛眼

関西地方を中心に200以上の店舗を持つ、長い歴史を誇る眼鏡店チェーン「メガネの愛眼」について、以下の3つの特徴を紹介します。

  • 薄型レンズへの変更に追加料金がかからない
  • 遠近両用レンズなどの選択肢が豊富
  • 知識豊富なスタッフがいる

眼鏡市場と同じように、メガネの愛眼も薄型レンズや遠近両用、中近両用レンズへの変更が追加料金なしで可能です。

価格設定も、レンズとフレームのセットが13,200円からと、眼鏡市場と似た範囲にあります。

メガネの愛眼では、特に店舗スタッフの高い専門知識と丁寧な教育が顧客にとって大きな魅力となっています。

メガネの愛眼の公式ウェブサイトでは、顧客に最適な眼鏡を提供するため、国家資格「眼鏡作製技能士」を持つスタッフが在籍する店舗の検索が可能です。

専門知識を持った店員から眼鏡を選びたいと考える方にとって、メガネの愛眼は理想的な選択肢です。

メガネのパリミキ

90年以上の歴史を持つ老舗眼鏡店、パリミキ。2022年にはメガネの三城と統合し、新たなスタートを切りました。

ここでは、パリミキの3つの主要な特徴を紹介します。

  • コストパフォーマンスよりも高品質への強いこだわり
  • 自社工場で生産される純日本製の眼鏡
  • 日本人の顔の形に合わせたフレーム設計

JINSやZoffのような大量生産モデルとは異なり、パリミキは手作業による工程に重点を置いています。これにより、品質を最優先にした製品作りが実現しています。

パリミキの自社ブランド「style J」は、福井県鯖江市の自社工場で一貫して製造される純日本製の眼鏡です。デザインからパーツの製造、加工、最終仕上げまで、すべての工程を自社で行っています。

このブランドの特徴の一つは、体温で形状が変わる特殊素材を使用したノーズパットです。これにより、個々の鼻の形に合わせたフィット感を提供します。

価格設定に関しては、フレームとレンズがセットではないため、他社製品よりも高価になることがあります。

「純日本製の眼鏡を求める方」「品質を重視する方」には、パリミキが適した選択となります。

メガネを買うときにどのショップを選ぶ?

上記で紹介した6つのメガネショップの特色と利点について説明しました!

次に、カテゴリーごとの推奨ショップを紹介していきます。

自分が求める眼鏡のタイプをイメージしながら、選択肢を確認してみてください。

コストパフォーマンスを最優先はJINSやZoffが適切

コストパフォーマンスを最優先で選びたい方には、JINSとZoffがおすすめです。

これらの店舗では、レンズとフレームのセットが5,500円から提供されています。

追加費用不要のレンズのオプションには以下の違いがあります。

  • JINSでは薄型レンズが追加料金なしで選べます。
  • Zoffではブルーライトカット機能が追加料金なしで利用可能です。

度数が高い人にはJINSが、パソコンの画面を頻繁に使用する人にはZoffがコストパフォーマンス面で適しているでしょう。

高品質を求める場合は眼鏡市場やメガネのパリミキが適切

品質を最優先に考える方には、眼鏡市場やパリミキが良い選択です。

これらの店舗は、メガネ製造の中心地として知られる「福井県鯖江市」に自社工場を持ち、鯖江のメガネ製造は国内市場の95%以上を占めています。

眼鏡市場では、自社工場での商品の検査と品質管理に力を入れています。

一方、パリミキは、同じく自社工場で高品質な日本製の眼鏡を製造しています。

コストよりも品質にこだわりたい方には、これらの店舗が適切です。

薄型レンズが希望の方はJINSやメガネの愛眼が適切

薄型レンズを希望する方には、JINSとメガネの愛眼がおすすめです。

これらの店舗では、追加料金なしで「薄型非球面レンズ」に対応しており、屈折率1.76の「極薄レンズ」を扱っているのはメガネの愛眼のみです。

Zoffは屈折率1.76だと追加料金が13,200円かかります。

JINSも以前は追加料金がかかりませんでしたが、2023年11月時点では追加料金11,000円かかります。

遠近両用メガネの場合は眼鏡市場が適切

遠近両用レンズの作成を考えている場合は、眼鏡市場が適切な選択です。

眼鏡市場とメガネの愛眼では、遠近両用レンズを追加料金なしで提供しています。

しかし、歪みやぼやけを減らす「両面非球面レンズ」を無料で選択できるのは、眼鏡市場のみです。

メガネの愛眼は、通常の両面非球面レンズが+11,000円です。

そのため、遠近両用レンズを求める場合、「遠近両用レンズ+両面非球面レンズ」に追加料金が発生しない眼鏡市場が適切です。

最新トレンドフレームを探すならJINSやZoffが適切

流行を反映したスタイリッシュなフレームを好む方には、JINSとZoffが適しています。

これらのブランドは、最新のトレンドを取り入れたデザインのフレームを幅広く展開しています。

特に、JINSは2023年2月に「JINS TODAY」シリーズを開始し、10代から20代をターゲットにした「着こなしを重視する眼鏡」のラインナップを提供しています。

また、Zoffの「Zoff CLASSIC」シリーズも、「ファッションを楽しむ」というコンセプトで人気を集めています。

有名ブランドのフレームを探すなら眼鏡市場が適切

眼鏡市場は、有名ブランドのフレームの取り扱いが特に豊富な店舗です。

特に、大人の向けの高級ブランドのフレームが多数揃っています。例えば、以下のブランドがあります。

  • MARY QUANT
  • marimekko
  • TAKEO KIKUCHI
  • HUNTING WORLD
  • FURLA
  • agnes b.
  • BEAMS  など。

眼鏡市場の自社ブランドでは、成熟した女性向けのモデルも充実しています。

ブランドフレームを求める方や、洗練されたデザインを好む方には、眼鏡市場が最適です。

返金保証があるのはOWNDAYS

すべてのショップでアフターサービスや保証は充実していますが、OWNDAYSだけが「返品保証」を提供しています。

購入後1ヶ月以内であれば、理由に関わらず商品の返品や全額返金が可能なのは、他のショップには見られない独自のサービスです。

もちろん、レンズの見え方や品質に関する保証がありますが、災害や盗難・事故でのメガネの紛失や破損については無償で同じ商品と交換してもらえます。

そして、自分の過失による損傷があった場合でも、半額で再購入可能な「再購入保証」サービスも提供されています!

まとめ

各眼鏡店の特色や利点について説明してきました。

あなたが何を最も重視するかに応じて、推奨する眼鏡店が異なります。カテゴリー別でおすすめのお店を探してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ