年末の仕事納めの挨拶は?上司や取引先へのマナーと効果的な例文!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

年末の仕事納めの際には、上司やビジネスパートナーに対して挨拶をするのが一般的です。

新年に向けてスムーズな関係を維持するためにも、適切な挨拶は重要です。

直接会って挨拶を交わすのが理想ですが、それが難しい場合はメールでのやり取りが代わりになります。

今回は、年末の業務終了に際して上司やビジネスパートナーへ送るメールの書き方やビジネスマナーについてお話しします。

スポンサーリンク

年末の仕事納めの挨拶は口頭かメールか?

年末の挨拶をする際には、メールで済ませるか、直接話すべきかを検討しましょう。

一般的に、直接会っての口頭での挨拶がビジネスマナーとされています。

年間を通じて支えてくれた人々には、できれば直接感謝の意を伝えたいものです。

しかし、忙しい仕事の中で全員と会うのが難しいこともありますよね。

会うことが叶わない場合は、メールでの挨拶でも構いませんが、通常は直接のコミュニケーションが望ましいです。

次の年も良い関係を維持するために、可能な限り対面でしっかりと感謝の意を示しましょう。

ただし、都合がつかない場合は、メールでの挨拶を代用しても問題ありません。

仕事の状況に応じて、挨拶の方法を選ぶことが大切です。

年末仕事納めの挨拶のメールのポイント

年末に向けて、業務完了の挨拶の際のメールのポイントを解説します。

肯定的で前向きな内容を!

年末の挨拶メールでは、受け手が気持ちよく読める内容を意識しましょう。

否定的な言葉は避けるようにしましょう。これから挙げるポイントを参考にしてください。

年末挨拶メールのポイント①適切な送信時期を選ぶ!

最初のポイントは、メールを送るタイミングです。

忙しい時期に送ると迷惑になる可能性があるため、注意が必要です。

外部の人や取引先へは、その会社の年末のスケジュールを考慮し、年内最終営業日の1週間前から3日前が適切です。

上司や先輩に送る際は、最終営業日の朝から昼にかけてがおすすめです。

また、午後2時から4時が、送るのに適した時間です。

適切なタイミングで送り、お互いに良い新年を迎えましょう。

年末挨拶メールのポイント②正しい敬語を使う!

次に重要なのは、言葉遣いです。間違った敬語を使わないよう注意しましょう。

以下に、よく間違えられる敬語の例を挙げます。

×「参考になりました。」→〇「勉強になりました。」

×「お世話さまです。」→〇「お世話になっております。」

×「とんでもございません。」→〇「とんでもないことです。」

×「休みをいただいております。」→〇「休みをとっております。」

×「ご苦労様でした。」→〇「お疲れ様でした。」

×「我が社」→〇「弊社」

×「~させていただいております。」→〇「~しております」

年末挨拶メールのポイント③絵文字は控える!

最後のポイントは、絵文字の使用を控えることです。

親しみを込めて使うこともあるかもしれませんが、ビジネスメールでは不適切です。

友達同士のメールとは異なり、仕事関連のメールでは絵文字はマナー違反とされます。

年末の仕事納めに対する上司への挨拶メールのマナーと例文

ここでは、上司に送る年末の業務終了時の挨拶メールについてのマナーや例文をご紹介します。

上司に送るメールのエチケットとポイント

上司に年末の挨拶メールを送る際は、適切なタイミングで送ることが重要です。

また、正しい言葉遣いに注意し、絵文字の使用は避けましょう。

仕事関連の報告や連絡は避け、挨拶のみに留めることで、簡潔かつ効果的なメールを作成できます。

多くの企業では、社内で年末に挨拶のメールを交換する習慣があります。

上司への感謝を伝え、1年を締めくくることが大切です。

以下に、上司宛ての年末挨拶メールの一例をご提案します。

内容に悩んだ際の参考にしてみてください。

上司への年末挨拶メールの例文

今年も残りわずかとなり、改めて1年間のご指導に感謝申し上げます。

おかげさまで多くの学びを得ることができ、無事に年を越せそうです。

今年はいくつかの誤りを犯し、課長を始め先輩方にご迷惑をおかけしましたが、これからも成長し、チームに貢献できるよう努めます。

来年も変わらぬご支援をお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えください。

このように、1年間の感謝の気持ちを伝える文面を含めると、上司に好印象を与えることができます。

取引先への年末の仕事納めの挨拶メールのマナーと例文

このセクションでは、取引先に向けた年末の挨拶メールについてのマナーと注意事項を解説します。

取引先へメールを送る際のエチケットとポイント

取引先への挨拶メールでは、正しいタイミングでの送信、敬語の使用、絵文字の避けるべきであり、特に「宛名の正しい書き方」に注意する必要があります。

宛名は「会社名、部署名、担当者名、様」の順に記載します。宛名を間違えると、良い印象を損なう可能性があるため注意が必要です。

続いて、取引先宛のメール例文を紹介します。

また、大企業の場合、普段直接取引がない社長へのメールは省いて、上位の取引担当者から順にメールを送るのが適切です。

取引先宛の年末挨拶メールのサンプル

○○株式会社 ○○部門 ○○様

平素より大変お世話になっております。 ○○株式会社の○○です。

年も押し迫り、ご挨拶申し上げます。 貴社の一層のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

今年は○○様のご協力のおかげで、○○プロジェクトを成功させることができ、深く感謝しております。

来年も引き続き、プロジェクトの充実を目指しますので、今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。

弊社の年末年始の休業は以下の期間です。

■12月○日~1月○日

新年は1月○日より通常営業を再開いたします。

略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます。

宛名を正確に記載し、1年間の感謝と年末年始のスケジュールを明確に伝えることが大切です。

また、緊急時の連絡先を伝えるのも良い方法です。

年末の仕事納めの口頭挨拶やスピーチのマナーと例文

このセクションでは、年末の業務終了時の口頭での挨拶やスピーチに関するマナーと例文を紹介します。

年末の口頭挨拶やスピーチのキーポイント

多くの企業では年末に特別なスピーチが行われることがありますし、直接の挨拶の場も設けられることがあります。以下に、失礼のない挨拶の方法をまとめました。

ポジティブな内容で

たとえ過去の一年が困難だったとしても、「今年は厳しい年でした」といったネガティブな内容は避けましょう。明るく前向きな言葉を選びましょう。

正確な敬語を使用する

「よいお年をお過ごしください」というフレーズは誤りです。

正しくは、「よいお年をお迎えください」です。これを正しく使うことが重要です。

感謝の意を具体的に伝える

1年間の感謝を具体的に伝えると、相手は喜びます。

「○○時に△△さんの支援があって、□□のタスクを完了できました」といった具体的な例を挙げると良いでしょう。

年末のスピーチのサンプル文

以下に、年末のスピーチのサンプルを示します。

本日は、年末の忙しい時期にも関わらず、こうして集まっていただき感謝いたします。

皆さんの一丸となった努力のおかげで、今年の業務を無事終えることができました。

各部署の皆様、一年間本当にお疲れさまでした。

新年に向けて、更なる活躍を期待しましょう。休息を十分に取り、健康には十分注意してください。

それでは、皆さんにとって良い年末年始をお過ごしください。

このように、周囲に対する感謝の意と、休息を促す言葉を入れると良い印象を与えます。

スピーチの参考にしてみてください。

年末の仕事納めの口頭挨拶のサンプル文

ここでは、年末の業務終了時の口頭での挨拶のサンプルをご紹介します。

今年一年、本当にありがとうございました。

○○さんと一緒に仕事をすることができ、多くを学ばせていただきました。

新しい年も、引き続きご指導いただけますと幸いです。

素晴らしい新年をお迎えください。

このように、口頭での挨拶は、相手の忙しさを考慮して、短くても心を込めたメッセージを伝えることが大切です。

簡潔かつ具体的に感謝の意を示すことを心掛けましょう。

まとめ

末の挨拶は、今後のビジネス関係をスムーズに進める上で非常に重要です。

丁寧な挨拶で今年の業務を終え、新しい年を迎える準備をしましょう!

これで、「年末のビジネス挨拶:上司や取引先へのメールとスピーチ、マナーのポイント」のご案内しました。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ