宝くじのネット購入は当選確率の影響する?メリットやデメリットは?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

宝くじの購入方法として、公式のネット購入サイトが存在します。

かつてはみずほ銀行の専用サービスのみでしたが、2018年10月からは公式サイトでも購入が可能になりました。

最近では、ネットでの購入が一般的になりつつあります。

広く利用可能なネット購入ですが、一部では店頭購入の方が当たりやすいという印象が持たれているようです

実際、ネット購入が当たりにくいという噂が広がっています。

そこで、この記事ではネット購入の当選確率について検証し、メリットやデメリットも紹介します。

最後までお読みいただければ幸いです!

スポンサーリンク

ネット購入のジャンボ宝くじ高額当選

ネットでの宝くじ購入が当選するかどうか、またその当選率に影響を与えるかについて検証しています。

まず、ネット購入による当選事例の存在がキーポイントです。

具体的に、2018年の年末ジャンボ宝くじで、ネット購入が始まった年に早速高額当選者が出たことが示されています。

記事は、2018年から2021年までのジャンボ宝くじのネット購入による当選事例を挙げています。

これには、年末ジャンボ、ハロウィンジャンボ、ドリームジャンボ、サマージャンボなどが含まれ、それぞれの年において、1等賞の高額当選者が出ていることが示されています。

加えて、2017年に宝くじのネット販売を行っているみずほ銀行が発表したデータは、その年に1000万円以上の当選が複数回あったことを指摘しています。

これにより、オンラインでの宝くじ購入が当選の可能性を下げるという噂は根拠がないと結論付けています。

ネット購入のロトくじの高額当選

この文章は、ロト宝くじのネット購入を通じた当選事例に関するものです。

毎週行われるロトくじでは、ネット購入者の中にも当選者がいることが示されています。

具体的には、2021年のロト6とロト7の当選統計が挙げられており、ロト6では76口、ロト7では39口の当選があったと記されています。

合計で115口の当選が2021年に記録されていることが強調されています。

また、ロトが数字選択式の宝くじであることが説明されており、プレイヤーは自分で数字を選ぶことができるため、オンラインで購入するか、実店舗で購入するかに関わらず、当選の可能性に差はないとされています。

このタイプの宝くじは、結果がプレイヤーの選択に依存するため、運営側の不正を疑う余地が少ないとも述べられています。

宝くじ売り場購入とネット購入どちらも当選確率は同じ

オンラインで高額当選者が出るのは間違いない事実であり、一部の人々はネット購入の際に当選確率が低下するのではないかと疑問を持つことがあると指摘されています。

しかし、実際には購入場所に関わらず当選確率は同じであると説明されています。

宝くじの1等当選確率は非常に低く、天文学的な確率と表現されることもあるため、売り場であれネットであれ、当たる可能性は極めて低いとされています。

年末ジャンボ宝くじ、ロト6、ロト7のそれぞれの1等当選確率も示されています。

年末ジャンボ宝くじは約2000万分の1、ロト6は約610万分の1、ロト7は約1030万分の1の確率で、これらの数字から多くの人が当たらないことが理解できると述べられています。

また、ネット購入でも売り場での購入でも抽選は同じように行われるため、どの購入方法を選んでも上記の当選確率が適用されると強調されています。

最後に、ネット購入が当選確率を下げることはないので、安心してオンラインでの購入が推奨されています。

「宝くじのネット購入は当たらない」という一般的な誤解

多くの人がこの誤解を信じている可能性があるが、先に述べた内容からこの噂には根拠がないことが明らかになっています。

実際には、オンラインで宝くじを購入し、当選した人々がいるため、この噂は根拠のないものです

。しかし、なぜこのような誤解が広がったのかという点について考察がされています。

その理由として、ネット購入では実際の宝くじの現物が手元にないことや、一部の人々がオンラインでの抽選が操作されていると誤って考えてしまうことが挙げられています。

このような不安要素が、ネット購入の便利さと引き換えに、一部の人々に不信感を抱かせている可能性が指摘されています。

宝くじをネット購入する際の利点と欠点

ネット購入と実店舗での購入を検討している人々に向けて、ネット購入の特徴を考慮することが有用であると述べています。

オンラインで宝くじを購入することの主な利点としては、購入プロセスと当選結果の確認が容易であること、さらにはポイントを貯めることができるという点が挙げられています。

一方で、デメリットとしては、利用可能な決済方法に限りがあることや、購入が単なる「作業」と感じられる可能性が指摘されています。

この記事は、ネット購入が便利である一方で、異なる視点から見たときにいくつかの欠点も存在することを示しています。

そのため、読者に対してこれらの点を詳しく考慮することを勧めています。

宝くじをネット購入する利点 その1

オンラインで宝くじを購入する主な利点の一つは、いつでもどこでも購入できる柔軟性にあります。

特に評判の良い宝くじ売り場では、時には1時間以上待つこともありますが、ネット購入ではそのような待ち時間がなく、24時間好きな時に購入できるのが魅力です。

さらに、実店舗の営業時間に左右されることなく購入が可能です。

もう一つの大きなメリットは、当選番号の確認作業を省略できることです。

ネット購入した場合、以下のような簡単な手順で当選番号を確認できます。

  1. 「マイページ」にアクセスする。
  2. 結果確認ページ」を開くと、すぐに当選結果がわかります。

これは特に、当選番号の確認を忘れがちな人にとっては非常に便利なシステムです。

宝くじの購入と当選確認の手間を大幅に削減できるため、時間を有効に使いたい方には理想的な選択肢と言えるでしょう。

宝くじをネット購入する利点 その2

オンラインでの宝くじ購入のもう一つのメリットは、専用の「宝くじポイント」を貯めることができる点です。

このポイントシステムは、2018年10月から宝くじ公式サイトでの購入に導入されました。

このシステムでは、宝くじの購入ごとに100円につき1ポイントが加算され、貯まったポイントは1ポイント=1円として次回の宝くじ購入時に使用できます。

例えば、オンラインで3万円分の宝くじを購入すると、300ポイントが貯まり、これを次回の購入に利用できることになります。

ただし、このポイントシステムには注意点があります。

宝くじの購入回数や枚数によっては、ポイントで無料で購入できる機会が限られてくる可能性があります。

また、ネット購入と実店舗でのポイントの使用単位が異なることも重要です。

宝くじ公式サイトでは1ポイント=1円単位で利用可能ですが、実店舗では100ポイント=100円単位での利用となっています。

ポイントを上手く利用してお得に購入したい場合、ネット購入がおすすめです。

また、時々実施されるポイント倍増キャンペーンや追加キャンペーンもあるので、ネット購入する際は公式ページで情報を確認すると良いでしょう。

宝くじをネット購入するデメリット その1

オンラインでの宝くじ購入には多くの利便性がありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

その中の一つとして、利用できる決済方法が限定されている点が挙げられます。

利用可能な決済方法は以下のように限られています

  • クレジットカード:「VISA」「JCB」「Mastercard」が使用可能です。
  • キャリア決済:特定のキャリアサービス、「auかんたん決済」や「ドコモd払い」が使えます。

しかし、他の支払い手段、例えば現金、電子マネー、ソフトバンクのまとめて支払いなどは使用できません。

また、クレジットカードを利用する場合でも、上記のブランドに該当していても、必ず個人名義のカードである必要があります。

これは、企業名義のカードなど他の形態のカードは使えないことを意味します。

このような制限は、オンラインで宝くじを購入したい場合に注意するべき点の一つです。

利用可能な決済方法が限られているため、購入前には利用できる決済手段を事前に確認しておくことが重要です。

宝くじをネット購入するデメリット その2

オンラインでの宝くじ購入には便利さがありますが、実店舗で購入する際の特有の興奮や楽しみが減少することがデメリットとして挙げられます。

オンラインでの購入プロセスが簡単であることが、宝くじ購入体験を単なるルーチンワークのように感じさせる原因となることがあります。

実際に店舗で宝くじを購入する場合、以下のような楽しみがあります

  • 当たりやすいと噂の売り場を探して訪れる。
  • 購入した宝くじを大切に保管し、保管場所を慎重に選ぶ。
  • 当選番号が発表されたときに、自分で一枚一枚番号を確認し、わくわく感を味わう。

これらのプロセスは、ネット購入では体験できないことが多いです。

ただし、このような興奮や楽しみがあまり重要でないと感じる人にとっては、宝くじのオンライン購入は多くの利点がある購入方法となるでしょう。

宝くじのネット購入方法

オンラインで宝くじを購入する際、多くの方が最初に考えるのは「宝くじ公式サイト」での購入です。公式サイトでは以下のような簡単な手順で宝くじを購入できます:

  1. 新規会員登録を行い、氏名・住所、メールアドレス、支払方法、当選金受取口座などの情報を入力。
  2. 定期的に購入する「継続購入」または必要に応じて購入する「通常購入」を選択。
  3. 購入したいくじの種類を選ぶ。普通くじ、ロト、ナンバーズ、ビンゴ5、着せ替えクーちゃんなどがあります。
  4. 決済方法を選ぶ。
  5. 当選番号が出たらマイページで結果を確認。

これにより、購入したくじをマイページで管理でき、手軽に楽しむことができます。

一方で、金融機関のインターネットバンキングを利用した購入方法もあります。

現在このサービスを提供している金融機関は以下の通りです:

  • みずほ銀行(宝くじ・ロト・ナンバーズ)
  • 三菱UFJ銀行(ロト・ナンバーズ)
  • 三井住友銀行(ロト・ナンバーズ)
  • PayPay銀行(ロト・ナンバーズ)
  • 楽天銀行(ロト・ナンバーズ)

これらの金融機関で購入するには、口座を開設し、ネットバンキングに申し込む必要があります。

公式サイトとは異なり、決済方法や受取口座の情報入力手間が省けます。

特に利用方法に大きな違いはないため、最も便利な方法を選択してください。

ネット購入の当選金の取り扱いは?

オンラインで宝くじに当選した際の当選金の扱いについては、多くの人が不明確な情報を持っているかもしれません。

宝くじ公式サイトによると、当選金の処理方法は以下の通りです

  • 1万円未満の当選金の場合:公式サイトが一時的に当選金を預かります。
  • 1万円以上の当選金の場合:事前に登録した銀行口座に自動的に振り込まれます

したがって、期待していなかった時に突然「銀行口座に大金が振り込まれている!」という驚きの経験をする可能性もあります。

このような驚きや喜びを体験したい場合、宝くじのオンライン購入は一つの魅力的な選択肢となるでしょう。

まとめ

オンラインで宝くじを購入することが当選しないというのは実際には根拠のない噂にすぎず、実店舗での購入と比べて当選確率に差はありません

実際、ネット購入者の中からも高額当選者が出ていることが確認されています。購入方法を選ぶ際には、各方法の利点と欠点を考慮することが推奨されます。

ネット購入の利点には次のようなものがあります:

  • 簡単かつ迅速に購入できること。
  • 当選結果を自分で確認する必要がないこと。
  • ポイントを1円単位で使用できること。

一方、ネット購入の欠点には以下のような点があります:

  • 利用可能な決済方法に制限があること。
  • 購入プロセスが単調になり、楽しみが減少する可能性があること。

手軽さを重視する方にはネット購入が適しています。

どちらの方法を選んでも当選確率には影響しないので、ネット購入を安心して選択していただいても問題ありません

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ