新年の挨拶!職場での順番は?最初の出勤日の対応方法!挨拶の期間はいつまで?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

新年の最初の出勤日には、高い地位にある上司への挨拶からスタートするのが一般的です。

そして、仕事中に会う同僚や他の上司にも順次挨拶を行いましょう。

「新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします」という明るくはきはきとした挨拶は、職場の雰囲気やあなたの印象を良くすることに繋がります。

通常、新年の挨拶は1月7日までの「松の内」に行うことが多いです。

取引先への電話挨拶も、新年の1週間以内に行うのが好ましいです。

速やかな挨拶は、その後の業務を円滑に進める手助けになります。

本記事では、以下のトピックについて解説します:

  • 新年の職場挨拶の方法と順序
  • 最初の出勤日の挨拶はどこまで行うべきか
  • 職場での新年の挨拶期間
  • 取引先への電話挨拶の適切な期間

新年の職場挨拶マナーや期間についての情報が必要な方は、是非この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

新年の始まりに職場での挨拶マナーは?

新年に職場で挨拶を行う際には、部門の最高位の上司から順に進めることが望ましいです。

例えば、上司の中に課長と係長がいる場合は、課長に続き係長へと挨拶します。

「新年おめでとうございます。今年も宜しくお願いします」という明るく元気な挨拶は、あなたの印象を良くする効果があります。

ここでは、新年の挨拶の正しい「順序」と「ポイント」について詳しく解説します。

新年の職場挨拶

新年の挨拶では、特にお世話になった上司や先輩に対して、感謝の言葉や一年の目標を加えることで、積極的な姿勢を示すことができます。

このような挨拶は、上司にも好印象を与えるでしょう。

ただし、多くの上司は堅苦しい挨拶を好まない傾向があります。

したがって、「おはようございます!昨年は大変お世話になりました。今年はより自立して仕事を進めることを目指します。引き続きご指導お願いします」といった明るく簡潔な挨拶が望ましいです。

新年の初出勤日の挨拶は、身近な上司や先輩だけでも構いませんが、他の同僚には普段どおりに軽く挨拶するのが良いでしょう。

会社の文化によって、新年の挨拶のスタイルは異なります。

たとえば、公式的なスタイルかカジュアルなスタイルかによっても変わります。

常あまり親しくない相手に対しては、挨拶の機会があればする程度で十分です。

特に新年だからといって、普段と異なる形式的な挨拶をすると、相手も戸惑うことがあります。

年始の業務は忙しいことが多いので、挨拶に時間をかけすぎるのは避けた方がよいかもしれません。

また、一部の人は繰り返し挨拶をすることを面倒に感じる場合もあります。

出勤が早い場合は、他の同僚が出勤してきた際に挨拶を交わすことで、お互いに気持ちよく仕事を始めることができます。

職場における新年の挨拶期間は?いつまで行うのが適切?

職場での新年挨拶は、通常「1月7日まで」が適切な期間とされています。

この日付は、伝統的に「松の内」と呼ばれる期間に相当します。

7日以降、新年の挨拶として「あけましておめでとうございます」は使わないのが一般的ですが、「本年もよろしくお願いします」という言葉を添えることは引き続き適切です。

「松の内」という概念は、元々はお正月に家の入口に門松を飾る期間を指しています。

地域によっては、この期間が異なります。

例えば関東では1月7日が一般的ですが、関西では1月15日までを松の内とする地域もあります。

この期間内であれば、「明けましておめでとうございます」と挨拶しても良いですが、すでに挨拶を交わした相手には、普通の挨拶を用いることが望ましいです。

まだ挨拶をしていない人には、「おはようございます、本年もどうぞよろしくお願いします」といった軽い挨拶が好ましいです。

小正月を過ぎると、通常の業務モードに戻りますので、新年の挨拶のタイミングには気を付けましょう。

取引先への新年の電話挨拶はいつまで?

取引先との電話での新年の挨拶は、早めに行うことをお勧めします。

厳格なルールはないものの、仕事始めの最初の週に「明けましておめでとうございます」と挨拶することは一般的です。

以下では、取引先への挨拶の適切な期間と電話挨拶の例文について解説します。

例えば、仕事始めが1月6日の場合、2日で全ての挨拶を完了させるのは困難かもしれませんが、特に重要な取引先へは速やかに挨拶を行うことが大切です。

遅延する挨拶は、取引先に「後回しにされている」という印象を与えかねませんので、新年の挨拶は特に優先して行うようにしましょう。

ただし、電話はメールよりも感情が伝わりやすいという利点がありますが、取引先が年始に忙しい場合は、相手の事情を考慮してメールに切り替えるのが良いでしょう。

また、新年の挨拶はあまり堅苦しい表現を避け、適切な言葉を選ぶことが重要です。

電話例文:

「いつもお世話になっております。〇〇会社の△△です。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は格別のご配慮を賜り、誠にありがとうございました。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。」

まとめ

新年の仕事始めには、まず職場で地位の高い方々への挨拶を優先するのが一般的です。

ただし、その途中で遭遇する人々にも礼儀正しく挨拶することが大切です。

特に、会社内で顔を合わせた方々には、その場で挨拶を交わすのがマナーとされています。

ただし、特定の人を探し回る必要はありませんが、できるだけ午前中に基本的な挨拶を済ませることが望ましいです。

「新年おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします」という明るくはつらつとした挨拶を心がけると良いでしょう。

また、新年の挨拶は早めに行うことが重要です。

特に重要な取引先への挨拶は、新年の初週内に完了させることが好ましいです。

1月7日を過ぎてから出勤する場合、「あけましておめでとうございます」という表現は控え、「本年もよろしくお願いします」という挨拶が適切です。

特に、年間を通じて多大な支援を提供してくれた上司には、より丁寧な挨拶を心がけると、その人からの評価を高める可能性があります。

新年を迎え、より良い職務成果を目指すには、職場や取引先との良好な関係構築が重要です。

新年の挨拶を軽視せず、丁寧に「本年もどうぞよろしくお願いします」と伝え、新しい年の良いスタートを切りましょう。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ