気分屋上司への対応策!不安定な上司との上手な付き合い方とストレス対処法!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

仕事
スポンサーリンク

感情の波によって態度が変わる上司に苦しめられている方は少なくありません。

このような上司は、気分が良い時は親切に振る舞いますが、悪い時は無視することもあります。

指示が頻繁に変わり、部下は混乱することが多いです。

この記事では、そんな上司の特徴や、うまく付き合う方法、パワハラへの対処法を紹介します。

このような上司に翻弄されて疲れている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

気分屋上司によるストレス

感情に左右される上司は、ストレスの大きな原因となりがちです。

この種の上司は、その時々の感情に応じて言動が変わるため、部下は一貫した対応を取りにくくなります。

上司の機嫌を伺いながら仕事を進めることは、部下にとって余計な負担となり、ストレスを増加させます。

また、指示や評価が気分によって異なるため、どう対応すべきか迷うことがあります。

気分屋上司の特徴

感情に流されやすい上司の一つ目の特徴は、感情的になりやすいことです。

部下を叱る際にも、感情に任せて暴言を吐くことが多くなります。

二つ目の特徴は、言動に一貫性がないことです。

気分が良い時と悪い時では、同じ事柄に対する評価や対応が異なることがあります。

三つ目は、人によって態度が変わることです。

自分に好意的な人には優しく、そうでない人には冷たくなる傾向があります。

最後に、責任感の不足が挙げられます。

社会人としての責任を果たそうとしない点で、責任感が不足していると言えます。

特に、自らの指示に責任を持たず、失敗を部下に押し付けることもあります。

気分屋上司との効果的な関わり方

不安定な上司との効果的な関わり方の一つとして、上司の感情に左右されないようにすることが重要です。

上司が不機嫌な時に叱られたとしても、それは一時的な感情であると捉え、深刻に受け止めすぎないことが肝心です。

次に、上司の気分の良い時に接触を試み、不機嫌な時は距離を取ることも一つの方法です。

上司の気分の変動にはパターンがあることが多く、それを理解すると接しやすくなります。

最後に、接触は最低限に留めることです。

言うべきことを事前に準備しておくと、接触時間を短くすることが可能です。

​​ 女性上司の気分屋はさらに複雑?

​ 上司が気分屋である場合、性別に関わらず扱いが難しいですが、女性上司の場合、その特徴がより顕著になる可能性があります。

女性は男性に比べて感情的になりやすい傾向があるとされています。

セロトニンという精神安定に関わるホルモンの分泌量が男性より少ないという研究もあり、月経前などホルモンバランスの変化により精神的に不安定になりやすいと言われています。

これに加えて、女性上司は男性中心の職場でのプレッシャーなど、特有のストレスを抱えやすいため、感情の変動が大きくなりがちです。

気分屋上司からのパワハラ対応法

感情的な上司からのパワハラに遭遇した際の対処法には、いくつかの方法があります。

一つ目は、上層部や社内の相談窓口に相談することです。

多くの企業ではパワハラ対策が法律で義務付けられており、相談に基づいて対応することが期待できます。

二つ目は、異動を申し出ることです。

異動を通じて問題の上司から離れることで、パワハラの影響を避けることが可能です。

最後に、解決が見込めない場合は転職を検討することも一つの手です。

これにより、ストレスの根源から離れることができます。

まとめ

​感情的な上司の行動は個人のコントロール能力の問題です。

深刻に捉えすぎず、できるだけ接触を避けることをお勧めします。

また、上司が怒鳴ったり無視したりする場合、それはパワハラに該当する可能性がありますので、社内の相談窓口に相談することも一つの手段です。

しかし、感情的な上司に振り回されることが耐えられなくなった場合は、転職を検討することも有効な対策と言えると思います。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ