職場コミュニケーションの秘訣!緊張する相手としない相手の違いや対処方法は?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

職場で特定の人との会話に緊張してしまうことがありますか?

何故か苦手な人がいることは珍しくありません。

立場や年齢に関わらず、緊張する人とそうでない人がいます。

この緊張感は、必ずしもその人の地位や年齢が原因ではないこともあります。

その人の前では、うまく話せなくなることもあるでしょう。

緊張の原因や傾向が分かれば対処しやすいのですが、それが分からないことも多いです。

今回は、職場で緊張する相手について掘り下げてみたいと思います。

職場で好きではないけれど、何故か緊張してしまい、スムーズに話せない人々には共通点があります。

「相手に良く思われたいが、それが難しい」と感じていることがその一つです。

これを克服するためのコツは、「相手の話に集中する」ことです。

それでは、この話題について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

職場の人間関係でどうしてある人には緊張し他の人にはしないの?

考えてみてください。

職場で会話をする際、どのような人物に対して緊張を感じますか?

これは多くの場合、あなたの上司や先輩のような、年齢や地位が上の人物かもしれません。

しかし、緊張を感じない上司や先輩もいるはずです。

彼らとの会話が、どうしてリラックスできるのかを考えてみましょう。

もちろん、同僚や後輩に対して緊張を感じることもあるでしょう。その理由は何でしょうか。

ここでは、なぜか緊張してしまう人物に焦点を当て、あなたが彼らを「嫌いではない」と感じるという前提の下で探求していきます。

苦手意識や嫌悪感が緊張の原因であれば、その理由は明確です。相手の言動や雰囲気が原因で、緊張や苦手意識が生まれるのです。

しかし、「なぜか」緊張する相手の場合、心のどこかで「親しくなりたい」「好感を持たれたい」と思っている可能性があります。

つまり、相手に良い印象を持たれたいという願望が、コミュニケーション時の心理的プレッシャーとなり、緊張を引き起こしているのです。

このような感情は、上司や先輩だけでなく、後輩や同僚に対しても同様に生じることがあります。

一方、緊張しない相手に対しては、以下のような心理が働いているかもしれません。

  • 相手が自分に対して好意的な態度を取っていると自信を持っている場合。
  • 相手からの否定的な評価が自分にとって問題にならないと考えている場合

緊張感を抑えて円滑に話す方法は?

対話時の緊張を和らげる方法(相手に好感を持たれるためのコミュニケーションテクニック

会話中に緊張するのは、相手に良い印象を持ってもらいたいという願いがあるからかもしれません。

それでは、このような「好感を得たい」と思う相手とどのようにコミュニケーションをとればよいのでしょうか?

私自身も経験がありますが、相手に良く思われたいという思いが強すぎると、つい余計なことを話しすぎたり、話の脈絡を失ってしまうことがあります。

そして、後でそのことを反省したり、自己否定に陥ったりします。

そんな時に効果的なのは、

「自分のことを話すのではなく、相手の話を聴くことに集中する」ことです。

例えば、上司や先輩に対しては質問をすることで十分なコミュニケーションが取れますし、聞き手として熱心に話に耳を傾ける姿勢は、相手に良い印象を与えるでしょう。

同僚や後輩に対しても、相手の話に真剣に耳を傾けることで、嫌な気持ちにさせることはないはずです。

そして、落ち着いて相手の話に耳を傾けることで、自分自身も穏やかにコミュニケーションを取ることができるようになります。

「傾聴」はどんな相手にも有効なコミュニケーションスキルです。

さあ、相手の話を聴くことから始めてみましょう!

まとめ

職場での会話において、緊張する人物とそうでない人物の主な違いは、あなたが彼らに対してどれだけ良い印象を持たれたいかという点に集約されるでしょう。

この点を踏まえると、緊張を感じる人がいる職場は、成功すれば学びの多い環境であるとも言えます。

特に会話において緊張する人への「傾聴」を心掛けることは、あなたのコミュニケーション能力を大きく向上させる可能性があります。

コミュニケーションの基本として、まず相手の話に耳を傾けることから始めてみましょう。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ