テレビや映画を楽しむ時の「見る」と「観る」はどっち?使い分けとその理由

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

?テレビや映画の視聴時に使う「見る」と「観る」の使い分けについての説明です。

これらの漢字がどう使われるのか、それぞれの意味とニュアンスの違いについて明確にします。

また、「見る」と「観る」の使用例も示して、理解しやすく説明します。

これにより、テレビや映画を「見る」か「観る」かの区別が分かりやすくなります。

スポンサーリンク

テレビの視聴の「みる」の漢字は?

テレビを見る際、普段は「みる」という言葉を口にすることが多いですが、実際に文字にする際、「見る」と「観る」のどちらを使うべきか疑問に思うことがありますね。

例えば、「スマホを片手にテレビをみている」という場合や、「テレビをみているときにチャイムが鳴った」というシチュエーションでは、どの漢字を選ぶのが適切でしょうか。

この疑問に対して、実は「テレビをみる」の場合、一般的には「見る」という漢字が使われます。

「見る」は目で何かを認識する行為を指し、広範にわたる用途で使われる単語です。

英語で言えば「see」や「look」といった言葉に相当します。

また、日本語には「看る」、「観る」、「視る」といった類似の漢字がありますが、これらはそれぞれ特定の文脈や意味合いで使われることが多いです。

例えば、「看護」や「看病」では「看る」を、「観察」や「観光」では「観る」を、そして「注視」や「監視」では「視る」を使います。

しかしながら、「テレビをみる」という表現においては、「見る」という漢字が最も適しています。

これは目で何かを見るという行為を広くカバーするため、どのような状況においても使うことができる便利な表現です。

つまり、「食事の時にテレビをみる」といった場合も、「見る」を使用するのが一般的です。

このように、「テレビをみる」という表現は、どんなシチュエーションでも「見る」という漢字を使って問題ありません。

言葉のニュアンスや文脈を理解することは大切ですが、この場合には「見る」を選ぶことで、適切に表現することができます。

見ると観るは何が違うの?

日常生活において、テレビや映画などを楽しむ際に「見る」と「観る」のどちらの漢字を使用するかは、多くの人にとって一つの疑問です。

例えば、「休みの日はテレビを見たり、映画を観たりしています」という文において、テレビに「見る」を、映画に「観る」を使う人もいれば、どちらの場合も「見る」を使う人、あるいは「観る」を使う人もいます。

これらの漢字の使用は間違いではなく、それぞれの文脈や意図に合わせて選ばれます。

「見る」という漢字の意味と使い方

『三省堂 大辞林』によると、「物の形や色を目で感じる。判断する」との定義があります。

つまり、「見る」は目や視覚によってものごとを捉えるという意味合いを持っています。

例えば、「まじまじと顔を見る」、「見るからに屈強な体つきだ」、「車窓からの景色を見る」、「LINEを見るとメッセージが入っていた」といった使い方が一般的です。

これは常用漢字で、小学一年生で習う漢字の一つに数えられます。

常用漢字表の前書きには、この表が法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安を示すものであるとあります。

ここから、常用漢字表に掲載されていない漢字(表外字)は、学校教育の場では用いられなくなったことがわかります。

しかし、表にない漢字が日本語として間違っているわけではなく、あくまで目安に過ぎません。

そして、「観る」という漢字については、常用漢字表に載っているものの、「みる」という読み方では学校では習わない漢字です。

「観る」という漢字の意味と使い方

この「観る」は、特に芸術作品や舞台などを「観賞する」という文脈で使われることが多いです。

『三省堂 大辞林』の定義によると、「観る」は「見物する、眺める、芝居などを鑑賞する」という意味を持ち、「見る」とも書かれることがあります。

この漢字は、実際に目で物事を追ったり、何かに興味を持ってじっくりと鑑賞する際に使われます。

例えば、「紅葉を観に行く」、「お芝居を観る」、「映画を観る」、「手相を観る」、「パレードを観る」、「メダカの生態を観る」といった表現にこの漢字が用いられます。

また、スポーツの試合を見物する場合には「観戦する」という意味で、「野球を観る」、「相撲を観る」、「将棋を観る」といった使い方もされます。

前述の通り、文化庁による常用漢字表には「観(カン)」の音読みが含まれていますが、訓読みの「観る」は掲載されていません。

「観(カン)」は常用漢字で、小学四年生で習う202字の漢字の一つですが、「観る(みる)」という読み方は学校教育で教えられていないのです。

しかし、日常生活においては「観る(みる)」という読み方が広く使われており、一般的に認識されている用語です。

このように、「観る」は特定の文脈や状況において適切に使用されることで、そのニュアンスを表現することができる漢字と言えます。

このように、「見る」と「観る」にはそれぞれ異なる文脈や意味合いがあり、どちらを使用しても間違いではありませんが、状況に応じて適切な漢字を選ぶことが重要です。

それぞれの漢字が持つニュアンスを理解し、適切に使い分けることが大切です。

映画の視聴における「見る」と「観る」の使い分けについて

「映画をみる」という表現において、「見る」と「観る」のどちらの漢字を用いても問題ありませんが、多くの人は「映画を観る」と表現することが一般的です。

これは、「観る」が実際のものを目で追ったり、対象に対して興味を持って鑑賞する場合に適しているためです。

映画を楽しむ行為は一般に「映画鑑賞」と表現されることもあり、この点からも「映画を観る」という言い方がしっくりくると言えます。

映画の場合、単に映像を目で追うだけでなく、ストーリーや映像美、演技などをじっくりと鑑賞し、楽しむ側面が強いため、「観る」という漢字がより適切とされています。

まとめ

「テレビを見る」と「テレビを観る」、そして「映画を見る」と「映画を観る」について、どちらの漢字を使っても間違いではないことを説明します。

一般的な常用漢字表記では、「テレビを見る」「映画を見る」とされています。

漢字の使い分けに迷った際には、「見る」という漢字を選択すれば安心です。

「見る」は「目で物を認識する」という意味で、あらゆる状況で使える便利な言葉です。

一方、「観る」という漢字は、「実際の物事を目で追う時や、何かに興味を持ってじっくり鑑賞する場合に使用する」というニュアンスを持っています。

「観る」は、「見る」に比べて「集中して見る」という意味合いが強いため、映画やお芝居、スポーツなどに興味を持って観る際に適しています。

特に興味を持って集中して見るテレビ番組などの場合には、「テレビを観る」という表現が適切な場合もあります。

日常生活では、「見る」がよく使われ、基本的には問題ありません。

しかし、何かを集中して見るという意味を強調したい場合には、「観る」という漢字を選ぶ傾向があるようです。こ

のように、状況に応じて「見る」と「観る」を使い分けることができます。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ