鏡開きを忘れた場合の対処法!時期を逃した時の正しい対応

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

日本のお正月には、鏡餅を飾るという美しい伝統があります。

しかし、忙しい日々の中で鏡開きを行うのを忘れてしまうことも珍しくありません。

もし鏡開きの日を過ぎてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

この記事では、鏡開きを見逃してしまった時の対応方法を詳しくご案内します。

スポンサーリンク

地域による鏡開きの時期の違い

鏡開きは通常1月11日に行われますが、地域によってはこの日程が異なることがあります。

それは、各地で異なる「松の内」の期間に基づいています。

そのため、自分が住む地域の鏡開きの日程を知ることは非常に重要です。

北海道、東北、関東、九州地方では、松の内は1月1日から7日までとされ、2024年の鏡開きは1月11日に行われます。

一方、関西地方では、松の内が1月1日から15日までと定められているため、2024年の鏡開きは1月15日か20日になります。

なお、京都など一部地域では、三が日の後の1月4日に鏡開きを行う場合もあります。

鏡開きを忘れた時の適切な対処法

もし1月11日を過ぎてしまっても鏡開きがまだなら、次に適切な日は1月15日です。

特に関西地方では15日の鏡開きが一般的なため、他の地域の人々にも15日の鏡開きでも問題ありません。

もし1月15日も過ぎてしまった場合は、1月20日が次の選択肢です。

かつては全国的に1月20日に鏡開きを行うのが一般的でしたが、現在は主に関西地方でこの慣習が残っているところもありますので20日に鏡開きをしても大丈夫です。

昔は1月20日が鏡開きの日だったのですが、江戸時代の三代将軍徳川家光の月命日である20日にお祝い事をするのを避けるようになりました。

しかし、関西では江戸のこの慣習が広まらず、古い慣習が残っていると考えられています。

1月20日を過ぎても、その後の任意の日に鏡開きを行っても構いません。

できるだけ早く鏡餅をいただきましょう。

鏡餅を捨てることは最も避けるべき選択です。

松の内の間、鏡餅は神様が宿ると考えられており、食べずに捨てることは不敬とされています。

遅れても、鏡餅を食べることが大切です。

鏡餅を活用した多彩なレシピと楽しみ方

鏡餅を味わう最も伝統的な方法として知られるのが、おしるこ(ぜんざい)です。

こしあんや粒あんを水と少量の塩で煮込むこのシンプルなレシピは、鏡餅の甘みを最大限に引き出します。

また、各地方独自の味が楽しめるのがお雑煮です。

これは鏡餅を使用した代表的な料理であり、地域によってその味わいには多様なバリエーションがあります。

手軽に作れるきなこ餅もおすすめの一つです。

餅を水で軽く濡らした後、耐熱容器に入れて600Wの電子レンジで1~2分加熱します(量や大きさによって加熱時間は調整してください)。

その後、用意しておいたきな粉と上白糖の混合物をまぶせば、風味豊かなきなこ餅が完成します。

硬くなった餅に適しているのが揚げ餅です。

小さく切った餅を油でカリッと揚げ、最後にほんの少し塩を振ると、おやつやおつまみに最適な一品になります。

お家にある材料で手軽に作れるのが、お餅グラタンです。

オーブントースターを使用すれば、調理がさらに簡単になります。

和風の味に変化を加えたい場合、洋風アレンジの餅ピザがおすすめです。

とろけるチーズともちもちの餅の食感が相性抜群で、新しい味わいを楽しむことができます。

固くなった鏡餅を柔らかくする簡単な方法

固くなった鏡餅を柔らかく戻すには、レンジを活用します。

鏡餅を水に浸した後、耐熱容器に入れ、さらに少量の水を足します。

その後、600Wのレンジで約2分加熱すると、柔らかく美味しい餅が再生します。

加熱時間は、お好みの柔らかさに応じて調整してみてください。

まとめ:鏡開きを忘れた時の解決策

この記事では、鏡開きの時期を過ぎてしまった場合の対処法について詳しく説明しました。

一般的に北海道、東北、関東、九州では1月11日が鏡開きの日ですが、関西地方では1月15日や20日に行われます。

もし1月11日を過ぎてしまった場合、次の目安は1月15日となります。

さらに15日も過ぎてしまったなら、1月20日が次の選択肢です。

1月20日を過ぎた後でも、できるだけ早く鏡餅をいただくことが望ましいです

重要なのは、「鏡開きの期間が終わった」として鏡餅を捨ててしまわないで必ず食べてくださいね。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ