月の満ち欠け!月齢による名称とその呼び方の一覧と背景について

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

季節
スポンサーリンク

夜空に輝く月は、周期的に姿を変えて満ちたり欠けたりします。

月のそれぞれの満ち欠けには、魅力的な名前が付けられています。

「満月」、「新月」、「三日月」といった名前はよく知られていますが、他にも多くの月の名前が存在します。

それぞれの名前には興味深い由来があります。

ここでは、月齢に基づく月の満ち欠けの名称や別名を一覧で紹介します。こ

れらの名前を覚えて、月の満ち欠けをより楽しんでみてください。

スポンサーリンク

月齢ごとの月の満ち欠けの名称一覧

それでは、月齢ごとの月の満ち欠けの名称を見ていきましょう。

  月齢月の名称別名
 1日目頃新月(新月)朔(さく)
 2日目頃繊月(せんげつ)二日月(ふつかづき)、既朔(きさく)
 3日目頃三日月(みかづき)初月(ういづき)、若月(わかづき)、
眉月(まゆづき)、蛾眉(がび)
 7日目頃上弦の月(じょうげんのつき)弓張月(ゆみはりづき)、半月(はんげつ)
10日目頃十日夜(とおかんや)
13日目頃十三夜(じゅうさんや)
14日目頃小望月(こもちづき)十四夜(じゅうよや)、幾望(きぼう)
15日目頃満月(まんげつ)望月(もちづき)、十五夜(じゅうごや)
16日目頃十六夜(いざよい)既望(きぼう)
17日目頃立待月(たちまちづき)十七夜(じゅうななや)
18日目頃居待月(いまちづき)十八夜(じゅうはちや)
19日目頃寝待月(ねまちづき)十九夜(じゅうくや)
20日目頃更待月(ふけまちづき)二十夜(にじゅうや)
23日目頃下弦の月(かげんのつき)
26日目頃有明月(ありあけつき)
30日目頃三十日月(みそかづき)

月齢ごとに変わる月の名称とその背後にある意味

新月の神秘とその重要性

月のサイクルは約30日間で、この周期の初めに「新月」という特別な時期が訪れます。

新月のとき、月は地球から見て太陽の反対側に位置し、太陽の光を受ける部分が地球から見えないため、空に月が存在しないように見えます。

これが新月の特徴的な現象です。

新月は、太陰暦や太陰太陽暦において重要な意味を持ち、月の周期の始まりとされています。

古代からこの期間は「朔」と呼ばれ、「新しい始まり」の象徴とされてきました。

新月は新たなスタートの象徴であり、様々な文化や伝統の中で特別な位置を占めています。

繊月の繊細な美しさ

月齢2日目頃に見られる繊月(せんげつ)は、細い光の帯が月の右側に現れる美しい時期です。

この名前は、月が2日目の状態であることから「二日月」とも称され、また「既に朔を越えた月」という意味で「既朔」という別名も持っています。

繊月の姿は、月の周期の中でも特に繊細で魅力的な部分を表しており、その儚い美しさが古来より人々を魅了してきました。

三日月の魅力とその多彩な呼び名

三日月は月齢3日目頃に見られる、右側に細い弓形の光を持つ美しい月です。

この独特な形状から、多くの美しい呼び名が生まれました。

例えば、「初月」や「若月」は、新月の後に現れる最初の月であることに由来し、「眉月」はその形が人間の眉毛に似ていることから名付けられました。

さらに、「蛾眉」という名前は蛾の触角が弓形に似ていることから来ています。

三日月のこのような様々な呼び名は、月の美しさと神秘性を物語っています。

上弦の月の意義とその他の名称

月齢7日目頃に現れる上弦の月は、月の右半分が照らされている状態を示します。

この状態の月は、その形が弓に似ていることから「上弦の月」と呼ばれています。

また、月の形が弓を張っているように見えることから「弓張月」という別名もあります。

上弦の月は、月の周期の中間点を示し、月が徐々に満月に向かっていく過程を象徴しています。

この時期の月は、夜空の中で特に際立った存在感を放ち、古来より多くの詩や物語の中で重要な役割を担ってきました。

十日夜の美しさとその文化的背景

月齢10日目頃の月は、約3分の2が照らされており、「十日夜」と呼ばれるこの時期の月は、特に美しい姿を見せます。

日本の一部の地域では、旧暦10月10日にこの美しい十日夜の月を楽しむ行事が行われています。

この「十日夜」の習慣は、月の美しさを称え、人々が集まって月の光に思いを馳せる機会を提供します。

夜空を彩るこの月の姿は、古来より詩歌や物語の題材としても用いられており、日本文化において重要な役割を果たしてきました。

十三月夜の独特な美しさと伝統

十三月夜(じゅうさんつきや)は、月齢13日目頃の満月直前の月です。

この時期の月は、「満月の後の十三夜の月が最も美しい」と古くから称えられ、特別なお月見の行事が行われています。

旧暦9月13日には、この十三月夜を祝うために、豆や栗を供える「豆名月」や「栗名月」という伝統的な習慣があります。

十三月夜は、日本の風土や季節の移ろいを感じさせる美しい月であり、秋の夜長を彩る特別な存在として受け継がれてきました。

小望月の待ちわびる美しさ

月齢14日目頃の月は「小望月(こもちづき)」と呼ばれ、満月の前夜であることからこの名が付けられています。

「十四日月(じゅうよっかづき)」とも称され、この時期の月は待ちわびるような美しさを持ちます。

また、「待宵月(まちよいづき)」や、満月が近づいていることを意味する「幾望(きぼう)」といった別名もあります。

小望月は、夜空に浮かぶ月の完全な円形に近づく様子が、人々の心に期待感を高め、満月への道のりを美しく象徴しています。

満月の圧倒的な輝きとその文化的意義

月齢15日目頃に現れる満月(まんげつ)は、月が完全に太陽の光に照らされる状態です。

この時期の月には「望月(もちづき)」や「十五夜(じゅうごや)」といった別名が付けられています。

特に、旧暦8月15日にはこの美しい満月を楽しむ「中秋の名月」という伝統があります。

この中秋の名月は、月の美しさを称え、家族や友人が集まって月の下で過ごす特別な時とされています。

満月の圧倒的な輝きは、多くの詩や絵画、音楽など、さまざまな芸術作品にインスピレーションを与えています。

十六夜の独特な美しさとその別名

月齢16日目頃に現れる「十六夜(いざよい)」は、満月のわずかに欠けた美しい状態を指します。

の時期の月は「既望(きぼう)」とも呼ばれ、満月の煌めきがまだ残る魅力的な時期です。

十六夜の月は、まるで満月の美しさが少しずつ変化していく様子を見せてくれるかのようで、その儚さと美しさは、夜空を眺める多くの人々に感動を与えます。

この時期の月は、自然の移ろいの中で生まれる独特の美しさを象徴しており、日本の伝統文化や芸術作品にも影響を与えてきました。

立待月の風情とその文化的背景

立待月(たちまちづき)は月齢17日目頃の月で、「十七夜(じゅうななや)」とも称されます。

この名称は、満月の後の夜が更けるまで月の昇るのを静かに待つ風情から生まれました。

立待月の姿は、夜空に静かに昇る月を待つ古の日本人の情景を思い起こさせ、月を愛でる文化の深さを物語っています。

また、この時期の月は、日本の伝統詩や物語の中で多く取り上げられており、月の美しさを待ちわびる心情を象徴しています。

居待月の趣深さとその名の由来

居待月(いまちづき)は、月齢18日目頃の月を指し、「十八夜(じゅうはちや)」とも呼ばれます。

この名前は、立ち疲れて座って月の出を待つ様子から生まれたものです。

居待月の月は、夜が深まるにつれて静かに空に昇り、人々に穏やかな時間を提供します。

この時期の月は、忙しい日常から一息つき、自然の美しさに身を委ねる瞬間を表しているとも言えます。

居待月は、月を愛でる日本の文化において、穏やかな夜の一コマを象徴する存在です。

寝待月のロマンチックな背景と意味

寝待月(ねまちづき)は、月齢19日目頃の月で、別名「十九夜(じゅうくや)」と呼ばれます。

この名前は、座っているのも疲れ、横になって月を待つ風景から命名されました。

寝待月の月は、夜更けに静かに昇り、見る者に穏やかな夜の時間を与えてくれます。

この時期の月は、自然と調和した生活の中で夜を過ごす日本人の伝統的な生活様式を反映しており、月の美しさを心ゆくまで楽しむ文化的背景を物語っています。

更待月の静寂な美しさとその名の由来

更待月(ふけまちづき)は、月齢20日目頃に姿を現す月で、「二十夜(にじゅうや)」とも呼ばれています。

この名称は、夜が深く更けた後に月がゆっくりと昇る様子から生まれました。

更待月の月は、夜の静けさの中でひっそりと現れ、見る者に穏やかな感動を与えます

この時期の月は、日本の伝統的な生活様式において、夜を深く過ごし、月の美しさを静かに待つ心情を象徴しています。

更待月の名は、月が昇るのを待つ間に感じる、ひっそりとした時間の美しさを反映しており、日本の月を愛でる文化の一端を表しています。

このように、更待月は、夜の静寂の中で独特な美しさを放つ月の一面を見せてくれる特別な時期です。

下弦の月の美しさと形状

月齢23日目頃に見られる下弦の月(かげんのつき)は、その特徴として左側が光る月です。

この月の形は、上弦の月の逆の形をしており、この独特な形状から「下弦の月」という名前が付けられました。

下弦の月は、月の周期の後半を象徴し、徐々に新月に向かっていく月の姿を表しています。

この時期の月は、夜空で輝く一方で、静かに消えゆく月の美しさを感じさせ、多くの文化や伝承において特別な意味を持ってきました。

有明月の幻想的な輝きと名前の由来

有明月(ありあけづき)は、月齢26日目頃の月で、特徴として左側が照らされる三日月の反対形をしています。

この名前は、夜明けの時間帯に昇る月の様子から来ており、「有明」とは夜明け前の明るい時間を意味します。

有明月は、夜が明け始める頃にひっそりと昇り、新しい一日の始まりと共に美しい光を放ちます。

この時期の月は、その独特なタイミングと形状で、夜明けという新たな始まりの象徴として古くから人々に愛されてきました。

三十日月の重要性とその文化的背景

三十日月(みそかづき)は、月齢30日の月で、その特徴としてわずかに左側が光る姿を見せます。

「みそか」という言葉は、月のサイクルの最終日を意味し、この言葉は「大晦日(おおみそか)」のように年の最終日にも使われています。

晦日(みそか)」または「つごもり」とも呼ばれ、月の最終日に月が隠れる様子から名付けられました。

この時期の月は、月の周期の終わりと新しいサイクルの始まりを象徴し、多くの文化や伝統の中で重要な役割を果たしてきました。

三十日月は、時の移ろいと自然のリズムを感じさせる美しい瞬間を提供しています。

まとめ

の満ち欠けは、その姿によって異なる名前で呼ばれています。

新月(朔)から始まり、最後の三十日月までと月齢ごとに美しい呼び名があります。

月の満ち欠けの美しさとそれぞれの名前の魅力を感じていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
季節
スポンサーリンク
がねりゅうブログ