雪だるまの作り方!簡単なコツや道具と顔のアイデア!さらさら雪での対処法!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

季節
スポンサーリンク

雪だるま作りは、家族全員で楽しめる活動ですが、時にその作り方に悩むこともあり、期待通りの結果が得られないことがあります。

しかし、せっかくの雪だるま作りをもっと楽しく、効果的にする方法があります。

美しい雪だるまを作るための簡単なテクニックや、必要な道具、表情の作り方や、パウダースノーでの作業のコツなど、いくつかのポイントをお伝えします。

これらのアドバイスを参考にして、理想の雪だるまを作ってみてください。

スポンサーリンク

雪だるまの作り方 基本編

それでは、一般的な雪だるま作りの手順を、基本から順番に見ていきましょう。

雪だるま作り基本編
  1. 雪をしっかりと固め、大きめの球を作成する。
  2. 作った雪球を地面に転がし、サイズを大きくする。
  3. 上記の手順をもう一度行い、もうひとつ小さめの雪球を作る。
  4. 小さな雪球を大きな雪球の上に置く。
  5. 顔や装飾を施して、完成させる。

これらのステップは、雪だるまを作る際の基本的な流れです。

ただし、雪だるまの大きさや雪の量によって作るのが難しい場合もありますが、これらは雪だるま作りの基本的な手順ですので、是非参考にしてください。

また、雪だるまを簡単に美しく作るためのコツや注意点もあります。

雪だるま作りでパウダースノーの時の注意点

雪だるまを作る際、特にサラサラとした雪質に対応する方法が重要です。

こうした雪は、しっかりと固まらず、形を作りにくいことがあります。

例えば、スキーやスノーボードに適しているサラサラとしたパウダースノーは、実は雪だるま作りには不向きです。

このタイプの雪は水分が少なく、通常の方法で作ろうとすると固まりにくく、簡単に崩れてしまう性質があります。

このような状況に適応するためのコツをいくつかご紹介します。

これらのテクニックを利用することで、緩い雪でも美しい雪だるまを作ることができるようになります。

パウダースノーのような雪で雪だるまを作る場合、作業を始める前にジョウロで水をかけて雪に水分を足すと良いでしょう。

また、天気が良い日や気温が高い日を選んで、雪が少し溶けてシャーベット状態に近づいた時に作るのも、雪質的には良いタイミングです。

簡単に雪だるまを作るコツは?

ここでは、効率的かつ簡単に雪だるまを作るためのいくつかのヒントをご紹介します。

これらのコツを活用することで、手間をかけずに美しい雪だるまを作ることが可能になります。

その1 雪の玉をボウルで作る

完成度の高い雪だるまを作るためのポイントの一つは、最初の雪球を完璧な丸い形にすることです。

通常、手作業で雪球を形成する方法がありますが、より美しい球形を作るためには、ボウルを使用して雪を成形する方法も良いでしょう。

ボウルを使って最初の雪球を作ることで、美しい丸みを持った雪球ができます。また、この方法はボウルに雪を入れるだけなので、子供たちも簡単に楽しく参加できます。

ボウルで作る雪玉の手順
  1. 同じサイズのステンレス製ボウルを2つ準備します。
  2. 両方のボウルにたっぷりと雪を詰めます。
  3. 2つのボウルを合わせ、中の雪がくっついて球状になるようにします。
  4. ボウルから球状の雪を取り出し、形を整えます。これで完成です。

また、小さな雪だるまを作る場合は、このボウルを使った方法で作った雪球をそのまま使用すると、より手軽に作れます。

これは簡単でお勧めの方法です。

その2 雪玉を均一に転がす

大きな雪だるまを作る際の重要なポイントを次にご紹介します。

大規模な雪だるま作りでは、雪を地面に転がして形作るのが一般的で効果的な方法です。

ただし、雪玉を一方向にのみ転がすのは避けましょう。

一つの方向だけに雪玉を転がすと、雪が不均一に付着し、形が歪んでしまいます。雪玉を四方八方、均等に転がすことがコツです。

雪玉を様々な方向に回転させることを心がければ、美しい球形の雪だるまを比較的簡単に作ることができます。

その3 雪だるまの頭と胴体のきれいな比率

雪だるまを作る際には、頭部と胴体のサイズ比が大切です。

理想的な比率は、頭部を3、胴体を4の割合にすることです。

頭部が過度に大きいと、雪だるまのバランスが悪くなり、崩れるリスクが高まります。

一方で、頭部が小さすぎると、見た目の可愛らしさが損なわれる可能性があります。

そのため、頭部を3、胴体を4の割合で作るのが、バランスの取れた雪だるまを作るための重要なポイントです。

さらに、二つの雪玉を積み重ねる際は、胴体の雪玉の上部分を少し平らにしておくと、雪だるまが安定しやすくなります。

これもおすすめの方法です。

転がさないで作る雪だるまとは?

雪だるまを作る方法として、一般的なのは雪玉を転がして大きくする手法ですが、別のアプローチとして、雪の塊から削り出して作る方法も存在します。

雪玉を転がして作る場合は、ある程度の積雪が必要ですが、雪が少ない時は、雪の塊を彫り出して形を作る方法が適しています。

転がさない雪だるまの作り方
  1. 大きめのコンテナや箱に雪を詰めます。
  2. 箱に雪を入れる際、随時雪を押し固めながら満たします。
  3. 上記の工程をもう一度繰り返し、2つの雪が詰まったコンテナを用意します。
  4. コンテナから雪の塊を取り出し、角を削って形を整えます。
  5. 角を削り、球形に近い形になったら、2つの雪球を積み重ねます。
  6. 上の雪球をさらに調整し、完璧な球形に成形します。
  7. 最後に顔のパーツを取り付けて、雪だるまの完成です。
    • プラスチック製のごみ箱を使うと、よりきれいな球形を作ることができます。

かわいらしい雪だるまを理想通りに作りたい場合、顔の部品を厚紙に描いて事前に準備する方法が有効です。

この手法は少し時間がかかるかもしれませんが、思い通りの表情を作り出すためには良い選択です。

雪だるまの表情を作る方法とポイント

雪だるまの見た目は、顔の表情の作り方に大きく影響されるため、その作成方法と役立つコツを紹介します。

雪だるまの表情を作る方法その1:目

雪だるまの顔を作る際、特に目の部分は全体の印象に大きく影響します。

雪だるまの目には様々な材料を使用できます。

丸い目を作る場合、ペットボトルのキャップが適しています。キャップはそのまま使用するのも良いですし、マーカーで黒く塗ると、より目に見えます。

さらに、石を二つ見つけて目として使うと、雪だるまに自然な印象を与えることができます。

他にも、くるみやどんぐりなどの木の実、大きなボタン、ビー玉なども目として使える素材です。

目の表情を変えたい場合は、事前に厚紙や海苔で目の形を作り、それを雪だるまに貼り付けるのも良いでしょう。

雪だるまの表情を作る方法その2:眉

雪だるまの顔を作る際には、眉毛を加えることで、より表情豊かにすることができます。

雪だるまの眉毛には、通常、枝が用いられます。例えば、写真にあるように、雪球に対して比較的長い枝を使うと、ユニークな表情が生まれます。

また、葉付きの杉の枝などを使うと、もじゃもじゃした眉毛ができ、愛らしい顔立ちになります。

他にも、小石を並べて眉の形を作ったり、楕円形や細長い木の葉を使用するのも簡単で効果的です。

さらに、特定の形を作りたい場合は、眉毛も目と同じように海苔や厚紙を使って作ると、より完成度の高い雪だるまになります。

雪だるまの表情を作る方法その3:鼻

雪だるまに鼻を付けなくても魅力的に仕上がりますが、鼻を加えることでさらに愛らしさを増すことができます。鼻にはニンジンや小枝、さらにはミカンを使って丸い形にするのがかわいいです。

長めの鼻を作る場合、ニンジンだけでなく、サツマイモやキュウリなども使えます。

さらに、雪自体で鼻を作る方法もあります。たとえば、大きな丸い鼻を作ると、雪だるまにチャームポイントが加わります。

雪だるまの表情を作る方法その4:口

雪だるまの口を作る際の一般的な方法は、小石を使って望みの形に並べたり、長さに応じた木の枝を取り付けることです。

さらに、バナナを丸ごと一本使うというユニークなアイデアもあり、これを使うと、笑っているような表情を作ることができます。

もし口の形に特別なこだわりがある場合、眉と同様に海苔や折り紙で形を作り、貼り付ける方法も効果的です。

雪だるまの口部分を雪で掘る方法もありますが、これは少し怖い印象を与える可能性もあります。よりかわいらしい表情を望む場合は、適切な材料を使用して作る方法が安全でしょう。

雪だるまの表情を作る方法その5:装飾

雪だるまの完成後に、帽子やマフラー、ボタンなどを付け加えると、さらに愛らしい見た目になります。これらの装飾は作り方において素敵なアイデアとなります。

例えば、帽子には実際のニット帽を使うことができますし、バケツを利用するのも面白いです。

また、マフラーを首に巻いたり、枝を腕として取り付けてそこに手袋を付けるのも、雪だるまをよりキュートにする方法です。

雪だるまの胴体につけるボタンとしては、ミカンや石、ペットボトルのキャップ、松ぼっくりなども良い選択肢です。

雪だるま作りに適したツールとは?

雪だるま作りに役立つおすすめの道具についてもご案内します。これらを参考にして、より楽しい雪だるま作りを体験してください。

雪遊びセット

お砂場や水遊びでも使えるセットですので、雪遊びだけにはならないので無駄にはならないですね!

雪だるま作りは子どもたちにも喜ばれる活動ですから、その作り方のコツをマスターして、家族で一緒に楽しむのが素晴らしいアイデアですね。


 

ボーネルンド社の砂遊び用具ですが雪遊びや水遊びにも使うことができます。

この製品は、「I’m greenシリーズ」として知られ、従来の石油ベースのプラスチックとは異なり、農薬を使用せずに栽培されたサトウキビから作られたバイオプラスチックを使用しています。

世界的にプラスチック製のストローやビニール袋の使用に関する問題が高まる中、ヨーロッパでは子供向けのおもちゃや遊具においても環境と倫理に配慮したアプローチが普及しています。

ただし、この製品で使われているバイオプラスチックは、自然に分解されるタイプではありません。

雪だるまを作る時は防水手袋を使おう!

雪だるま作りにはさまざまな手作業が伴いますが、素手では寒さが厳しいため、防水機能付きの手袋を使用すると、快適さが増し、楽しく作業できるのでお勧めです。


 

まとめ

雪だるまを作る時の手順、テクニック、顔の部分やデザインのアイディアを含め、わかりやすくご紹介しました。

雪だるま作りにおいて、キャラクター風のものを作る熟練者もいます。

しかし、楽しい雪だるま作りは大人も子供も一緒に楽しめるので、可愛らしいものやユニークなものなど、自分だけの特別な雪だるまを作ってみるのがおすすめです。

スポンサーリンク
季節
スポンサーリンク
がねりゅうブログ