「ごきげんよう」と挨拶されたら?その意味と返事のマナー!便利な活用方法

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

「ごきげんよう」という挨拶についての解説です。

この挨拶はどのような場面で適切なのか?

また、「ごきげんよう」と言われた際の適切な返事は何か?これらの疑問に答えます。

「ごきげんよう」は出会いの際に使うものなのか、それとも別れの時なのか?

日々の会話でどのように使われるのか?これらの使い方についても、明確に説明いたします。

スポンサーリンク

「ごきげんよう」という挨拶の本当の意味は何?

「ごきげんよう」という挨拶の文化とその使用例についての解説です。

この挨拶は、NHKのある朝のドラマシリーズで頻繁に使われたことで注目を集めました。

このドラマでは、主人公のモデルになった実在の人物が、ラジオ番組で別れの挨拶として用いていたことが反映されています。

また、このドラマのナレーションでこの挨拶を使うシーンも記憶に残るものでした。

さらに、ある人気アニメシリーズでもこの挨拶がよく使われており、主題歌の中にも登場します。

アニメの中では、学校のシーンで生徒たちが互いにこの挨拶を交わす様子が描かれています。

実際には、いくつかの私立学校では「ごきげんよう」という挨拶が日常的に使われているようです。

例えば、ある学校では、授業の始まりと終わりにこの挨拶を使うという話もあります。

私自身の経験からも、ある公立学校の家庭科と物理の先生が授業の際にこの挨拶を使っていたことが印象に残っています。

また、ある長寿のラジオ番組では、レギュラー出演者の一人が、番組の冒頭でいつもこの挨拶をしていたことも記憶に新しいです。

フジテレビで放送されていた長寿番組にも「ごきげんよう」というタイトルがありました。

この挨拶は性別を問わず、朝でも昼でも夜でも、出会いの時も別れの時も用いることができます。

そんな万能の「ごきげんよう」には、どのような意味が込められているのでしょうか。

ごきげんようの意味は?

通常、「ごきげんよう」という挨拶は、東京の伝統的な「山の手言葉」として知られています。

山の手言葉は、東京の山の手地域で話される日本語の一種の方言です。

この方言は、江戸時代の旗本や御家人の言葉が基となり、明治時代以降には主に山の手地域に居住する知識層によって用いられるようになりました。

「ごめんあそばせ」や「~かしら」も同じく山の手言葉に属します。

「ごきげんよう」を漢字で表すと、「ご機嫌良う」となります。

「機嫌」は気分や様子、安否を尋ねる意味を含み、それに「良い」を意味する「よう」が付加されることで、相手の健康や幸福を願う気持ちを表す言葉となります。

この挨拶は、ただのあいさつであると同時に祈りの意味も含まれています。したがって、男女問わず、どんな時にでも使えるのです。

「ご機嫌いかがですか?」や「ご機嫌良くありますように」という言葉は、相手のその日の体調や気分を気遣うだけでなく、相手に対して心配りを示す深い意味を持つ日本独特の挨拶です。

ある友人の母校で「ごきげんよう」が使われていた際、この挨拶には「自分の気分が悪い時は改善しよう、良い時はそのままで」という意味も含まれていたそうです。

どんな状況でも前向きでいることで、周囲にも幸せをもたらすという考え方を反映しています。

「ごきげんよう」は、相手だけでなく自分自身をも大切にする、心温まる挨拶の言葉なのです。

「ごきげんよう」という挨拶の正しい使い方とは?

「ごきげんよう」という挨拶は、日常的に使っている人もいれば、まったく使った経験がない人もいます。

この挨拶は、特別に大袈裟や硬いものではなく、性別や時間帯、出会いや別れの場面を問わずに使うことができます。

どんな状況でも、どんな相手であっても失礼にならない挨拶として「ごきげんよう」が適しています。

例えば、「おはようございます」や「こんにちは」の代わりに「ごきげんよう」を使うことができますし、「さようなら」の時にも同様です。

この万能性を持つ「ごきげんよう」は、非常に魅力的な挨拶です。

出会いと別れの際に「ごきげんよう」を使う方法と、この言葉に込められた深い意味を説明します。

「出会いの際に使う「ごきげんよう」の表現」

かつて塾のアルバイトをしていた時、高級な小中高一貫校に通う生徒たちがいました。彼らは、

「先生、ごきげんよう!」

という挨拶を、男女問わず元気にしてくれていました。

また、私の友人が通っていた学校では、「ごきげんよう、◯◯さん」という形で相手の名前を付けて挨拶することが推奨されていたようです。

私自身も実家に帰ると、近所の人に「ごきげんよう」と挨拶することが多いです。

この挨拶の意味は、お互いに会っていない間の健康や気分を気遣い、良い状態であればそれを喜び、そうでなければ改善されることを祈る、というような感じです。

「ごきげんよう」という言葉には、相手の状況を気にかける思いやりとともに、「祈り」の感情が込められていると言えます。

「別れ際に使用する「ごきげんよう」の表現方法」

NHKのラジオ番組やバラエティ番組で、番組の終わりにアナウンサーや出演者が「ごきげんよう」と言うのを耳にすることがあります。特にバラエティ番組では、「それでは皆さん、ごきげんよう!」というフレーズがよく使われます。

この「ごきげんよう」という別れの挨拶には、「しばしの別れですが、皆さんが健康で、気持ち良く過ごせますように」というような、祈りの意味合いが込められています。

出会う時に使われる「ごきげんよう」と同様に、別れの際に使われる「ごきげんよう」にも、祈りの心が込められているのです。

「ごきげんよう」と挨拶された際の適切な返事は?

「ごきげんよう」と言われた場合の適切な返事について迷う必要はありません。

「ごきげんよう」と言われたら、同じく「ごきげんよう」と応えるのが一般的です。

もっと丁寧な表現を求めるなら、「ごきげんようお過ごしください(ませ)」と言うこともできますが、これほど正式な表現を使う必要は必ずしもありません。

自分から挨拶をする場合でも、相手から挨拶を受けた場合でも、やさしい微笑みを交えて「ごきげんよう」と言うのが、スムーズな挨拶の方法です。

上司や目上の人に対してもごきげんようは使っても良い?

「ごきげんよう」という挨拶は、上下関係を示すものではなく、目上の人に対しても適切な挨拶です。

この一言で十分なので、笑顔を添えて使いましょう!

ある友人の出身校では、全ての挨拶が「ごきげんよう」で統一されており、先生や校長に対しても同じように使われていたそうです。

このように、「ごきげんよう」は、どんな場面でも使いやすく、魅力的な言葉です。

まとめ

「ごきげんよう」という言葉は、単なる挨拶だけでなく、同時に「祈り」の意味も持ち合わせています。

この挨拶を漢字で表すと、「ご機嫌良う」となります。

この表現は、「ご機嫌いかがですか?」や「ご機嫌良くありますように」という意味を含み、相手のその日の健康や気分を気遣うとともに、相手に対する思いやりや配慮を示す深い日本の言葉です。

「ごきげんよう」は決して大袈裟な挨拶でも、堅苦しい挨拶でもありません。どのような状況や目上の人にも失礼にならない挨拶です。

また、上下関係に影響される言葉ではないので、相手から「ごきげんよう」と挨拶されたら、同様に「ごきげんよう」と応えるのが適切です。

出会いや別れの際に「ごきげんよう」を笑顔で交わすことは、心地よく洗練された挨拶方法です。

この素敵な挨拶を是非お試しください。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ