クリスマスリースを玄関に飾る時期はいつから?海外の習慣とはどう違う?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

イベント
スポンサーリンク

クリスマスリースをどのくらいの期間、どこに飾ればいいのかという疑問に思うことってありますよね。

特に玄関など目立つ場所に飾る場合、その期間やタイミングについて気になる方も多いでしょう。

そこで、クリスマスリースをいつからいつまで飾るのが良いのか、また海外での習慣についても触れ、最適な時期について理由を交えてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

クリスマスのリースを玄関に飾る時期はいつから?

クリスマスシーズンが訪れると、多くの家庭で玄関に「クリスマスリース」の飾り付けを始められるっところが増えてきますね

LEDライト等で飾り付けるのは少し手間がかかるため、シンプルなリースを選ぶ方も多いですね。

このリースは通常、玄関ドアやポーチ、家の入り口などに設置されますが、飾り始める具体的な時期についてはどうなっているのでしょうか。

クリスマスリースの飾り付けはいつから?

最近ではハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの準備が始まることが多いですね。

特にクリスマスリースに関しては、12月になると飾り始める家庭が多い傾向にあります。

ただし、クリスマスリースをいつ飾るかに厳密なルールはなく、好きな時期に飾ることができます。

それでも、多くの人が12月から飾る理由については、興味深いものがあります。

「11月から飾るのはちょっと早すぎる気がする」という人や、近所の家々が12月になってから飾るので、それに合わせている」という声が聞かれます。

また、「11月はまだ早いと感じるので、12月1日に設置する」という考えもあります。

「12月になったらすぐに飾って、クリスマスの雰囲気を長く楽しむ」という人もいれば、「室内のクリスマスツリーは11月下旬に飾り始めるが、玄関のリースは12月に飾る」という方針を持つ家庭もあります。

「リースが傷みやすいから、12月の中旬くらいに設置する」という理由もあり、「クリスマスシーズンはやはり12月に入ってから」と考える人も多いようです。

多くの理由が挙げられる中で、共通しているのは、クリスマスリースを季節感あるインテリアとして楽しんでいるという点です。

日本では、クリスマスリースを飾ることは宗教的な背景よりも、クリスマスシーズンのムードを味わうためのものと捉えられているようです。

海外ではクリスマスリースの飾り付けはいつから始める?

クリスマスは、キリスト教の伝統的なイベントであり、多くのキリスト教徒はこの時期に「アドベント」と呼ばれる期間にクリスマスリースを飾ります。

「アドベント」とは、英語で「Advent」と表記され、「重要な人物や事件の到来」、特に「キリストの再臨」を意味します。

アドベントの期間は、クリスマスの4週間前から始まり、クリスマスイブまで続きます。

この期間は年によって異なり、早ければ11月27日から始まり、遅くとも12月3日には始まります。

この約4週間のアドベントは、キリストの再臨を待つ準備期間であり、同時にクリスマスの準備期間ともなります。

この時期には、欧米など海外の国々でクリスマスの飾り付けや、クリスマスマーケットでの買い物などの準備が行われます。

海外のキリスト教徒の中には、アドベントを意識してクリスマスリースを飾る人もいますが、実際にはその習慣はさまざまです。

たとえばアメリカやカナダでは、11月に感謝祭という大きなイベントがあります。

アメリカでは、11月の第4木曜日に感謝祭が行われ、その翌日の「ブラックフライデー」(11月の第4金曜日)からクリスマスの雰囲気が高まります。

ブラックフライデーは、アメリカで大規模なセールが行われる日で、日本でも最近では多くの店舗やオンラインショップでこのセールが行われるようになりました。

このブラックフライデーを過ぎた後、多くの人がクリスマスリースを飾り始める傾向にありますが、日本と同じく12月に入ってから飾り始める家庭も多いです。

クリスマスリースの飾りはいつ外すの?

日本では、クリスマスリースを12月25日のクリスマスが終わると同時に片付ける家庭が多いようです。

その理由には、いくつかの考え方があります。

一つは、「周囲の家庭に合わせる」というもの。また、「クリスマスが終わった後にリースを飾り続けるとだらしないと見られるかもしれない」という心配もあるようです。

さらに、「お正月の飾り付けの準備があるため」という理由も挙げられます。

実際、多くの家庭ではクリスマスが終わるとすぐにお正月の準備に取り掛かります。

デパートなどの商業施設でも、クリスマスが終わるとすぐにお正月の飾りに切り替わるのが一般的です。

海外の家庭では、クリスマスリースの飾りはいつ外すの?

クリスマスリースの飾り付け期間について、キリスト教の伝統では、2月2日の聖母のお清めの祝日までとされていました。

欧米におけるクリスマスの期間は、アドベントから始まります。

これは11月30日に近い日曜日から始まり、1月6日のエピファニー(公現日)まで続きます。

公現日とは、キリスト教の伝統において、3人の賢者がキリストの誕生を祝うために訪問した記念すべき日です。

この日はまた、イエス・キリストが人々の前に現れた日とも考えられています。

多くの国では、クリスマスの装飾を1月6日まで続ける習慣があります。

日本と異なり、多くの場合、年が明けてもクリスマスの雰囲気が続くのが一般的です。

しかし、最近では日本でもクリスマスツリーを新年を迎えるまで飾る家庭が増えてきています。

特に子供たちの喜ぶからという理由で、新年にかけて大きなツリーをそのまま飾っているお家もあります。

一方で、クリスマスリースは12月26日には取り外され、新年の飾りつけ、例えば角松やしめ飾りに切り替えられることが一般的です。

まとめ

クリスマスリースの飾り付けに関するルールは特になく、個々の好みや地域の習慣によって異なります。

11月からリースを飾ることも。

これは季節感を取り入れたインテリアとして長期間楽しむための方法です。

もし周囲の目が気になる場合、クリスマスシーズンが始まるまでリースを家の内側に飾ることも一つの解決策です。

多くの日本の家庭では12月の初旬からリースを玄関に飾ります。

一方で、リースを取り外す時期は、日本では12月26日。

欧米では11月の終わりから1月6日までのクリスマスシーズン全体にわたることが多いです。

クリスマスの楽しみは年に一度の特別なものであり、できるだけ長くその雰囲気を味わいたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク