干支の置物の飾る時期!適切な配置場所や処分のやり方について

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

イベント
スポンサーリンク

干支の飾り物を飾るというのは、どのような伝統的な意味があるのでしょうか?

これらの飾り物は一般的にどれくらいの期間飾られるのが普通なのでしょうか?

この記事では、飾り物を展示する期間とその背景、飾るのに最適な場所とその後の処理方法など、このトピックに関するよくある疑問に答えていきます。

干支の飾り物と伝統的な装飾の関係、古くなった飾り物の適切な扱い方、おすすめの飾り付けスポット、そして廃棄する際の実際の方法について、わかりやすく詳しく解説します。

スポンサーリンク

干支の飾り物に関する興味深い体験談

先日、デパートで目を引く干支の飾り物を見つけました。

その魅力に引かれ、購入を考えたのですが、思っていたよりも価格が高く、残念だったのですが丁寧に元の場所に戻しました。

年末になると、こうした飾りは正月商品としてよく見られます。

初詣の際に売られていることもありますし、新年の挨拶として飾りを贈る文化も存在しています。

十二支飾り物の目的と起源について

なぜ私たちは十二支の飾り物を飾るのでしょうか。

これらの飾り物は、一般的に幸運を引き寄せる縁起の良いアイテムとして捉えられています。

特に風水では、これらの飾り物が運気を高め、家庭を守る力を持つとされています。

新年の装飾としての十二支飾りは、「その年の動物を飾ることで歳神様を歓迎する」という意味合いがありますが、中国から伝わった十二支と日本の神話は直接関係していません。

「十二支」というのは、元々古代中国で生まれた概念で、時間や年月、方角を示すために「十二支」と「十干」(10の要素)を組み合わせていました。

この組み合わせで形成される60種類が十二支です。

日本では、この60種類を12種類に簡略化し、それぞれに動物を割り当てています。

日本のお正月は本来、家に幸福をもたらす歳神様を迎える行事ですが、十二支が新年の始まりと共に変わるため、新年の装飾品として取り入れられています。

風水では、十二支の飾り物には「運を引き寄せる」という重要な意味があるとされています。

干支の飾り物を飾る最適な時期

干支の飾り物をいつからいつまで飾るべきかには、具体的な規則や慣習が特に存在しません。

これらは「運を呼ぶ幸運のシンボル」として知られていますが、正月飾りのように飾る期間に厳格な制限はありません。

いつ飾りたくなったら飾り、いつ片付けたくなったら片付けても良いのです。

お守りや御札とは違い、新しいものを入手する必要もなく、特定の時期に返納する必要もありません。

過去の干支の飾り物を一緒に飾るのも自由ですし、家族の干支を一緒に飾ることもよくあります。

一方で、新年の時期にのみ飾るという選択もできます。

一部の人々は、12月13日から28日の間に飾り、松の内が明けたら片付けるという方法を採用していますが、これは一つの例にすぎません。

干支は中国由来で、本来の正月飾りとは異なるため、正月が終わると片付ける人もいます。

また、一年中飾る人の中には、毎年新しい置物に替える習慣を持つ人も多いです。

新しい年を新たな気持ちで迎えるためや、その年の干支に感謝するために新しい置物を選ぶのです。

結局のところ、干支の飾り物を飾る期間に決まりはなく、自分の好みや習慣に合わせて飾るのがベストです。

干支の飾り物を置くべき場所と処分方法について

干支の飾り物は基本的にどこにでも置いてもかまいません。

特に風水では「玄関」に置くことが推奨されています。

玄関は「良い気」を家に取り込む役割を持つ家の入り口です。

干支の飾り物は開運アイテムとして知られており、玄関に置くことで運気をさらに高め、良い機会を引き寄せる効果があるとされています。

家族が集まるリビングや神棚の近くに置くのも良いでしょう。

干支の飾り物を処分する際には、その方法に迷うことがあるかもしれません。

毎年新しいものに替える場合、古いものは保管して12年後に再度飾るのも一つの方法です。

これは運気を呼び込む力を強化するとされています。

処分する際は、お焚き上げや一般ゴミとして処分する方法があります。

お焚き上げは神社仏閣で行われる供養方法で、正月飾りの供養にも用いられます。

一方で一般ゴミとして処分する場合は、粗塩を入れた袋に入れて出すと良いでしょう。

より丁寧に処分するためには、水洗いしてタオルで拭き、「ありがとうございました」と感謝を伝えてから白い布や半紙で包んで処分することが推奨されます。

どの方法を選ぶにしても、干支の飾り物に対して感謝の気持ちを込めて処分することが重要です。

干支の飾り物について:飾る時期、適切な置き場所、処分方法

干支の飾り物は、福を呼び寄せる縁起の良いアイテムとして知られ、風水では運気を高めるアイテムとして位置付けられています。

中国から日本へ伝わり、正月飾りとは直接関連はないものの、新年を迎える象徴としての意味もあります。

これらの飾り物の飾る期間に関して特定のルールやマナーはないため、飾り方は自由に決めることができます。

おすすめの飾り場所としては、玄関、リビング、神棚が挙げられます。

処分の際には、お焚き上げに出すか、一般ゴミとして処分する二つの方法があります。

最近では、リアルなデザインからキャラクターデザインまで、多様な種類の十二支の動物をモチーフにした飾り物が登場しています。

好みの十二支の飾り物を選んで新年を迎えるのも一つの楽しみです。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ