男性の厄年にやってはいけないことや注意事項!安全に過ごすコツ!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

厄年の注意点を知っておくと、災いを避けるための対策が立てやすくなります。

厄年は災厄に遭遇する可能性が高いとされており、どのように対処すればよいかを知りたいと考える人は多いです。

そこで、この記事では厄年にあたる男性が注意すべき点と避けるべき行動について詳しく解説します。

スポンサーリンク

厄年における男性は何を避け何に気をつけるべき?

厄年の男性が避けるべき行動や心掛けるべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、男性が厄年に注意すべき行動や避けるべきことについて解説します。

マイホームを建てる

厄年には新たな取り組みを控えることが推奨されています。特に男性の厄年で一般的なのは42歳で、この年齢で家を建てることが多いです。

42歳は大厄に当たるため、災害を避けるためには40歳未満か44歳以降に建設を考えるのが良いとされています。

転職

一般的に、男性が厄年に転職を検討するのは25歳や42歳の時期であると考えられます。

特に42歳の男性は、現在の職務を継続すべきか、あるいは新しい職場を求めるべきか、という選択に直面することが多いでしょう。

厄年における職業の変更はリスクが伴うため、通常は避けることが推奨されます。

42歳の男性が大厄を迎えることを考慮すると、転職に関する決定は特に慎重に行う必要があります。

事業を興す

事業の開始は転職よりも高いリスクを伴う行為です。

一般的には、厄年中の事業立ち上げは避けるべきとされていますが、これは絶対的なルールではありません。

時には厄年に事業を始める状況が生じることもあります。

そのような場合は、軽率な決断を避け、厄年であることを意識してより慎重かつ冷静な判断を心掛けることが重要です。

引っ越し

一般的に、厄年中の引越しは避けることが推奨されています。

特に、長距離の移動は特に控えるべきとされています。

しかし、25歳や42歳の働き盛りの年齢では、転勤などの理由で引越しを行うケースも珍しくありません。

厄年に引越しを行うと必ずしも災難に見舞われるわけではありませんが、そのリスクは増加すると言われています。

そのため、引越しを行う際には事前の準備を徹底して、慎重に進めることが重要です。

結婚

通常、厄年中の結婚は避けるべきとされています。

これは、男性が家庭の主となることが多く、そのような大きな変化を厄年に行うことがリスクと見なされるためです。

ただし、結婚はタイミングが非常に重要な要素であり、厄年を理由に結婚を延期することが、関係の破綻につながる可能性も否定できません。

そのため、厄年はパートナーと深く話し合い、後悔のない決断をする良い機会と考えることが望ましいです。

不規則な食生活

42歳は、男性にとって体力が減少し、健康上の問題が生じやすい年齢とされています。

この時期は仕事の負担も増えるため、多忙な日々が続きます。このような状況下では、不規則な食生活に陥ることがあります。

特に厄年であるこの年齢では、健康に留意することが非常に重要です。

適切な運動と栄養バランスの整った食事を心掛けることにより、体調を保ち、健康を維持することが可能です。

なぜ厄年に新しい挑戦を避けるべきなのか?その理由とは

厄年に新しい試みを避けるべきとされる理由は、新たな行動が多くのリスクを伴う可能性があるためです。

特に、リスクが高い活動を厄年に行うことは避けるのが賢明とされています。

この時期は、年齢に伴う社会的立場の変化や身体的変化が起きやすく、それによって生じるリスクが災厄を招く可能性があります。

特に、男性の場合、40代前半に大厄を迎えるときは、健康面での変化(例えば成人病のリスク増加)や、日常生活の慣習が身体に影響を及ぼし始める時期です。

また、仕事やプライベートでの環境や立場が変わることも多く、これらの変化はしばしば重なり合い、避けがたい状況を生じさせることがあります。

そのため、厄年にあたっては、無理に新しいことを始めないということではなく、その時期や状況に注意を払いながら、新たな挑戦を行うことが推奨されます。

厄年ということで全ての新しい取り組みを避けるのではなく、災厄に遭遇するリスクを十分に考慮しつつ、新しいことに挑戦する姿勢が重要です。

男性の厄年が訪れる時期について

男性の厄年はどの時期に訪れるのでしょうか?

一般的に、厄年は前厄、本厄、後厄の3年間に渡っており、男性と女性で異なる年齢に設定されています。

以下に男性の厄年に該当する年齢を示します。

  • 24歳(前厄)、25歳(本厄)、26歳(後厄)
  • 41歳(前厄)、42歳(本厄)、43歳(後厄)
  • 60歳(前厄)、61歳(本厄)、62歳(後厄)

人生において、男性は3回の厄年を経験し、それぞれの厄年は3年間続きます。

特に、42歳の本厄は「大厄」と呼ばれ、厄年の中でも特に災難に見舞われやすい年とされています。

42歳は多くの男性がキャリアの中で重要な役割を担っており、仕事のプレッシャーや健康面でのストレスが増加しやすい時期です。

この厄年を機に、自己の健康やライフスタイルを見直すことが推奨されます。

2023年版:男性の厄年を一目で確認できる早見表

以下は男性の厄年に関する情報です。

特に注目すべきは、男性が42歳の時に迎える大厄です。この年齢は、心身ともに多くの変化が生じる傾向があるとされています。

前厄    本厄    後厄
平成13年生まれ    平成12年生まれ     平成11年生まれ
昭和59年生まれ    昭和58年生まれ    昭和57年生まれ
昭和40年生まれ    昭和39年生まれ      昭和38年生まれ

過度に心配せず、厄年を穏やかに過ごしましょう!

厄年に関しては、過度に懸念する必要はありません。

厄年は災難に遭いやすいと言われていますが、実際には科学的な根拠は存在しません。

これは長い間伝わる迷信の一つで、特定の年齢で注意が必要だと伝えられてきたものです。

そのため、厄年を信じない人たちは、この考えを気にすることなく普通に生活していますし、もし何か問題が起きたとしても、それが厄年のせいだとは考えません。

一方で、厄年を過剰に心配する人は、些細なことでも厄年のせいだと感じ、落ち込んだり、不安になることがあるかもしれません。

厄年に対する健全なアプローチは、「先人たちが気をつけるようにと伝えたことには意味があるだろうが、それを過剰に恐れることなく、通常より少し注意を払うべき年だと理解すること」です。

例えば、歩道を歩く際、予め石がある可能性を考えて注意深く歩くと、躓いたり転んだりするリスクを減らせます。

同様に、厄年もそうした可能性がある年として気をつけて過ごすことが肝心です。

厄年の不安がある方には厄除けの儀式がおすすめ!

もし厄年のことが気になるのであれば、厄払いを試すことをおすすめします。

科学的根拠がないとは言われているものの、多くの人が厄年を気にするものです。

厄払い自体にも科学的な根拠はないかもしれませんが、多くの人が厄払いによって心の平穏を得たと報告しています。

見えない不安に対峙する際、心の平和は非常に重要です。

心が落ち着いていないと、パニックに陥ったり、悪いことばかり考えてしまう傾向があります。

厄払いは、受験前の合格祈願や出産前の安産祈願のお守りと同様の役割を果たします。

これらのお守りにも科学的な証明はないものの、持つことで安心感を得て、受験や出産に臨むことができます。

同様に、厄年に対する不安がある方は、厄払いを受けて安心感を得ることが有効です。

厄年で運気を向上させるための過ごし方について

厄年に運気を高める方法は存在するのでしょうか?

一般的には、厄年には新しいことを始めるのではなく、静かに過ごすことが推奨されます。

特に男性の場合、本厄である25歳、42歳、61歳の時期は、仕事のキャリアを積んだり、重要な職務に就いていることが多いです。

しかし、そうした年齢で活動を控えることは、機会を逃すことにもなりかねません。

実は、江戸時代には、厄年を「役」年として捉え、積極的に仕事の変更や家の建築を行う人もいました。

この考えでは、新しいことに挑戦することで厄を払うとされていました。

このことから、厄年は男性にとって転機を迎える時期とも言えます。

だからこそ、困難をチャンスに変えるような前向きな姿勢を持つことが重要です。

もし転職や新築が現実的に難しい場合でも、厄年を新しいスキル習得や将来の投資計画の基盤作りの時期と捉えるのは良いアイデアです。

例えば、資格取得のために勉強を始めたり、数年後の投資のために株式市場について学んでみるなど、厄年を有意義に活用する方法はたくさんあります。

日々のお掃除を習慣化する

厄年に特に効果的とされているのは、日々の清掃活動です。

毎日、家のどこか一部分をきれいに保つ習慣をつけることが大切です。

水回りのような気が滞りがちな場所は特に入念に清掃すると良いでしょう。

清潔な環境を維持することで、良いエネルギーを引き寄せ、厄を回避するのに効果的です。

穏やかな休息のひとときを作る

不運な年齢の影響で、心が落ち着かず、些細なことで怒りやすくなることがあります。

ストレスが溜まりすぎないように、リラックスする時間を意識して取ることが大切です。

たとえば、朝の光を浴びながらのんびり朝ごはんを食べる、または夜の星空を眺めながらお酒を嗜むなど、穏やかな時を過ごすことがお勧めです。

男性の厄年に関する一般的な禁忌と質問事項

男性の厄年における禁止行為と注意点

一般に、厄年とは結婚や職場の変更、新居の購入など、「重要な人生の節目」や「新たな挑戦」を控える時期と考えられています。

この時期には、多くの人が大きな一歩を踏み出すことを控え、より慎重な行動を取ることが勧められています。

男性が厄年に行うべき行動と対策

厄年を迎えた男性に推奨される行為の一つは、全国の神社や寺院で行われる厄払いの儀式を受けることです

自分の住む地域の神社はもちろん、特に厄除けで知られる神社や寺院でもこの儀式を受けることが可能です。

加えて、神社や寺院では年始になると、厄年に該当する人のための情報や、儀式のスケジュールなどを掲示板や放送で提供しています。

厄年における一般的な影響と起こり得ること

一般的に、厄年は人生の大きな転機や変化が起こりやすい時期とされ、身体的、精神的な安定が妨げられることがよく言われています。

この期間には、進学、就職、転職、昇進、退職、結婚、出産など、多くの重要な出来事が人々に影響を与える可能性があり、この時期について多くの人が考えることがあるでしょう。

厄年の到来に関する原因と背景

厄年は、コミュニティ内での一定のステータスを表すとされ、宮座に参加したり、お神輿を担いだりするなど、宗教的な行事に深く関与することを意味することがあります。

そのため、心身を清らかに保ち、言葉や行動に注意を払うため、特定の禁忌に従うことが必要とされていました。また、「厄」年という言葉は、神様に奉仕する「役」を指すとも言われ、これは同じ理由に基づいています。

まとめ

男性が厄年に注意すべきことには、結婚、新しい家の建設、新規事業の開始、職場の変更、引越しなどが含まれます。

特に25歳や42歳で迎える本厄の年は、職業上や家庭生活において変化が生じやすい時期です。新しい取り組みを始める際には、慎重さが特に重要です。

ただし、厄年であるからと何も行動しないのは時間の浪費につながります。

厄年は行動を控えるべき年ではなく、注意深く行動する必要がある年です。何もしないでいると、厄年が過ぎ去った後に思わぬ困難に直面する恐れがあります。

自己成長に必要なことを見極め、成功のために基盤を築き、栄養を与える時間として捉え、積極的に行動することが望ましいでしょう。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ