厄年について!行うべきではないことと行うと有益なこととは?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

「厄年」と聞くと、多くの人がネガティブな感情を抱くかもしれません。しかし、多くの人がこの厄年の背景や意味を十分に理解していないことがあります。

この記事では以下の点について説明しています:

  • 厄年とは何か、その起源について
  • 厄年に発生する事象
  • 厄年中に避けるべきこと
  • 厄年に推奨される行動
  • 厄年を穏やかに過ごすためのアドバイス

この情報を活用して、厄年をより理解し、平穏に過ごすための参考にしてください。

スポンサーリンク

厄年とは何か、その起源について

厄年は、伝統的に不吉な出来事が起こりやすいとされる特定の年齢を指します。

人生における重要な変化や節目が訪れる時期であるとも言われており、身体的、精神的な不調が生じる可能性があるため、注意が求められます。

この期間は、本厄、前厄、後厄の三段階に分かれており、性別によってその年齢も異なります。

  • 前厄:厄年が始まる前の年で、心の準備をする時期。
  • 本厄:最も不運が起こりやすいとされる年。
  • 後厄:厄年が終わる翌年で、徐々に運気が回復していく時期。

厄年の起源は、中国の古代哲学である陰陽道にあります。

陰陽道は、自然界の原理を説く思想で、日本にも伝わりました。

ただし、現代では厄年の習慣に関する考え方は人それぞれです。

厄年は数え年で計算され、年齢によって男女で異なります。

特に「大厄」と呼ばれる年齢(女性は33歳、男性は42歳)には注意が必要ですが、これには科学的な根拠はありません。

むしろ、自己反省の機会として捉えることもできます。

さらに、厄年は高齢期にも訪れます。これらは長寿を祝う年齢の翌年に当たることが多いです。

このような情報は、厄年に関する意識を高め、適切な対応を促すために役立ちます。

厄年に発生する事象

厄年は一般に災難が多いとされていますが、実際にどのような出来事が起こるのか。

  • 健康上の問題
  • 人間関係のトラブル
  • 職場での問題
  • 事故や災難
  • 財政上の困難

厄年中に避けるべきこと

伝統的に、人生の重要な変化を伴う行動は避けるべきとされています。

  • 人生の節目や重要な決断
  • 職場変更、結婚、住宅購入などの大きな人生の転機や、新しい挑戦は避けるべきとされています。

ただし、出産は一部の地域では「厄を取り除く」とされ、問題ないと考えられています。

  • 厄年を過度に意識すること
  • 古い言い伝えに過度に囚われず、自分らしく生活することが推奨されています。
  • 厄年を過度に心配し、憂鬱になったり、やりたいことを我慢することは、人生を無駄にする可能性があります

また、「厄年」を「役年」と捉える考え方もあります。

これは、社会的な役割を果たす年齢であり、成熟した大人としての役割を担うことを意味するとされています。

厄年に推奨される行動

厄年に取り組むと良いとされる様々な活動を紹介します。

家庭内の清掃

  • 厄年に特に注意を払う方は、家の中を掃除することをお勧めします。
  • 家の清掃、特にゴミの処分は、不運を取り除くと言われています。
  • 特に玄関や窓などは、空気と共に運気も新しくする場所です。きれいに保つことで良い運気を迎えることができます。
  • お風呂やトイレは、身体を清める場所として、厄も一緒に洗い流すとされます。これらの場所が汚れていると、不運が溜まると言われています。
  • 古くなった掃除用具は不運を招くとされているため、定期的に新しいものに交換することが推奨されます。

整理整頓の実践

  • 整理整頓は、不運を遠ざける効果があるとされます。
  • 部屋を整理することで、心のもやもやも整理できます。綺麗な状態を保つことで、気分がすっきりし、厄年でもポジティブな気持ちを保ちやすくなります。

健康的な食生活

  • 厄年は、身体を壊しやすい時期ですので、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ポジティブな考え方

  • 「困難はチャンス」という考え方を取り入れ、厄年をチャンスの年、または特別な幸運の年と捉えることも有効です。このような前向きな姿勢で厄年に臨むことで、より充実した時間を過ごすことができるでしょう。

縁起物の利用

  • 仏教では、「7つの福によって7つの災いを防ぐ」と言われています。
  • 7という数字は伝統的に縁起が良いとされており、7色のアイテム(タオル、ハンカチ、財布など)を身に着けることが良いとされます。

男性の厄年におすすめの活動

  • 新居の建設:多くの場合、新しいものを購入することや、古いものを手放して新しくすることが、不運を取り除く手段とされています。そのため、新しい家を建てることは、厄年において好ましい行動とされています。
  • 健康への注意:厄年には特に、健康管理に注意を払うことが重要です。
  • 新しい挑戦:新しいことに挑戦することも、厄年において良いとされています。

女性の厄年におすすめの活動

  • 出産:一部の地域では、厄年に出産することが不運を払う良い方法とされていますが、これには科学的な根拠はありません。

厄払いの方法

  • 厄払いや厄除けの儀式:厄年に特に気を遣う方は、伝統的な厄払いや厄除けの儀式を行うことが良いとされています。これらの方法は、心の平安をもたらし、不安を和らげる効果があると考えられています。

厄年を穏やかに過ごすためのアドバイス

厄年であるからといって悩む必要は全くありません。

この記事を参照して、厄年におすすめの行動や避けるべきことを理解し、人生を楽しく有意義に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ