「しおり」の起源に隠された驚き!漢字に込められた意味とは?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

文具
スポンサーリンク

よく本屋さんを訪れる私は、新しい本を購入するたびに「しおり」を手に入れるのが常です。

ある日、「しおり」の漢字がどのようなものか気になり、スマートフォンで検索してみたところ、「栞」と「枝折」の二つの表記が出てきました。

それぞれの漢字の意味や背景を探究してみると、思わぬ発見がありました。

この調査により、「しおり」の言葉の本質や、その漢字の由来について深く理解することができ、新たな驚きを覚えました。

そこで、今回は「しおり」の真の意味、起源、そして漢字の語源の面白さを皆さんにご紹介します。

スポンサーリンク

「しおり」の多様な使い道とその歴史的起源

「しおり」とは、読書時にページをマークするための便利な道具です。

これは、布や板、紙などさまざまな素材で作られ、読んだところを示す目印として本の間に挟まれるものを指します。

特に、本に初めから付属している平織りの布製のものも「しおり」として知られ、このタイプは「スピン」や「しおりひも」とも呼ばれています。

しかし、「しおり」という言葉は、さらに広範な意味を持ちます。

例えば、「旅のしおり」という言葉では、旅行の行程や情報が記された小冊子を指します。

読書中のページを記憶するためのツールとしても、旅行の計画を整理する手引きとしても使われるため、「しおり」という共通の名称で呼ばれるのは自然なことです。

加えて、「しおり」が「栞」とも「枝折」とも表記される点には、その起源に関する興味深い背景があると考えられます。

そこで、ここでは「しおり」の興味深い歴史的背景について、さらに掘り下げてみましょう。

「しおり」の起源とその進化に関する深遠な探究

「しおり」という言葉は、元々山を歩く際の行為に由来します。

山道を進む時には、帰り道が分かりにくくなることがよくあります。

そのような時、周囲に木々が多く、道が見えにくい状況で、人々は帰路の目印として、途中の枝を折る習慣がありました。

この行為から、「枝折」という言葉が生まれ、「しおり」として使われるようになったのです。

本を読む際にページを記憶するための挟み込みや、旅行の際の道順を示すガイドブックとしての役割を持つこれらの用途につかわれるものも「しおり」です。

迷わないための目印としての役割から、「しおり」と呼ばれています。

しかし、実は「しおり」の本来の起源は、「撓る(しほる)」という言葉にあるとされています。

これは「草木を曲げたり、しならせる」という意味を持ち、草木を曲げて結び目を作り、それを帰路の目印として利用したことから、「撓る(しほる)」が「しをる」を経て「しおり」と進化したと考えられます。

そして、「撓る(しほる)」という意味から派生した「枝折」という漢字表記は、「しおり」の当て字として使われるようになりました。

次に、このテーマで興味深い「栞」という漢字に焦点を当ててみましょう。

この漢字には、「しおり」という言葉の元々の意味やその驚くべき語源が含まれていると考えられます。

「しおり」と「栞」漢字の深い意味とその起源

「しおり」が「枝折」として当て字であることが明らかになりましたが、それでは「栞」という漢字で表される「しおり」についてはどうでしょうか。

「栞」の漢字を詳しく分析すると、その構成が「干干」と「木」という要素によって成り立っていることがわかります。

「干干」は、高さが揃っていることを象徴し、「木」はその素材を意味しています。

これにより、「栞」は木を削り、高さを揃える行為から生じた漢字であると解釈できます。

「干干」は、二本の笄(こうがい)が並んでいる形を示しています。

つまり、木を削って作った帰路の目印が「しおり」という意味を持つようになったのです。

また、笄(こうがい)は、髪を整えるための伝統的な日本の道具で、現代の簪(かんざし)と似ています。

しかし、「栞(しおり)」が元来「干干」に由来し、笄の高さを調整するために使われていたことが、その語源であるというのは、大変興味深い事実です。

この発見は、「しおり」という言葉の背後にある豊かな歴史と文化の奥深さを感じさせます。

「しおり」の多彩な使用方法とその意味の解説

読書時に使われる「しおり」と、旅行の案内書としての「旅のしおり」は、どちらも重要な目印の役割を果たしています。

読書用のしおりは、通常「栞」という漢字で表され、一方で旅のガイドブックは一般に単に「しおり」として知られています。

確かに「旅の栞」という表現も間違ってはいませんが、普段は「しおり」という表現がよく用いられています。

この「しおり」という言葉の由来を追うと、髪を整えるための道具である笄(こうがい)や簪(かんざし)との関連が見えてきます。

この言葉の背後にある深い意味と、時間を経て変化してきたその歴史は、非常に魅力的で興味深いものです。

この言葉の多様な用途と意味の変遷を理解することで、「しおり」という言葉の豊かな文化的背景をより深く感じることができます。

スポンサーリンク
文具
スポンサーリンク
がねりゅうブログ