2024年大阪天満宮の初詣!屋台情報や参拝のタイミング!混雑具合は?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

「大阪の心、天満宮の魅力」と親しまれている大阪天満宮は、地元住民に深く愛されています。

学問の神を祀るこの神社は、特に学生たちに人気で、合格祈願のために多くの人が訪れます。また、「天神祭」や「梅まつり」などの文化行事でも知られています。

元旦には歳旦祭や新春書初め大会などのイベントが開催され、深夜0時から2時頃には白酒が振る舞われます。この時期には年間で約50万人の参拝者が集まり、賑わいを見せています。

初詣の際に大阪天満宮を訪れる人が多いのも納得です。

また、天神橋筋商店街から神社周辺には100店舗以上の賑やかな屋台が立ち並び、参拝者に人気です。

この記事では、2023年大阪天満宮の初詣の参拝時間、混雑状況、屋台に関する情報を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

2024年の大阪天満宮初詣に関する基本情報

  • 名称:大阪天満宮
  • 住所:大阪市北区天神橋2丁目1番8号
  • 電話:06-6353-0025
  • アクセス方法:
    • 地下鉄谷町線・堺筋南森町駅から徒歩約5分
    • JR大阪天満宮駅から徒歩約5分
  • 駐車場:30台分ありますが、初詣期間中は利用できません

大阪天満宮は、平安時代に創建された歴史ある神社です。主祭神として菅原道真公を祀り、「学業成就」「合格祈願」「諸芸上達」「家運隆昌」などの多くの御利益があることで知られています。特に、学問の神様として有名で、受験生にとっては非常に人気のある神社です。本殿の他にも、境内には学問の運気を高めるスポットや絵馬、お守りがあります。

ご利益スポット

  • 学業成就:蛙子門近くの牛の頭を撫でると、頭が良くなるとされています。
  • 立身出世:普段は閉じられている登竜門が年に一度開かれ、通り抜けると出世すると言われています。
  • 縁結び・厄払い:亀の池にかかる「星合橋」では、出会った男女が結ばれ、カップルで渡ると厄払いができるとされています。

初詣の際には、これらのスポットも訪れてみることをお勧めします。

2024年大阪天満宮初詣時の屋台についての情報

天神橋筋商店街のすぐそばにある大阪天満宮周辺では、100店舗を超える屋台が出店しています。

アーケードから神社の周辺にかけて、たくさんの屋台が連なっており、電車を降りたら、屋台を巡りながら参拝へ向かうことができます。

この活気あふれる屋台の雰囲気は、新年の幕開けを楽しく演出してくれます。

屋台の営業時間
  • 大晦日:23時頃~20時頃
  • 1月2日:10時頃~19時頃
  • 1月3日:10時頃~19時頃

天神橋筋商店街のアーケード内には、大阪天満宮の閉門後も営業しているお店があります。

​大阪天満宮の屋台では、唐揚げ、ポテト、焼きそば、クレープ、ベビーカステラ、焼き鳥、たこ焼き、フランクフルトなどの食べ物から、スーパーボールすくい、射的、金魚すくいなどの遊技系の屋台も多数出店されています。

これらの屋台は、訪れる人々に多様な楽しみを提供しています。

2024年大阪天満宮初詣の参拝時間

多くの神社で年越しの参拝が可能ですが、大阪天満宮の場合、20時に一旦閉門し、元旦の0時まで参拝者の入場はできません。この点には特に注意が必要です。

大晦日には、閉門後の22時頃から参拝者の列が形成され始め、元旦0時には境内に向けて一斉に参拝客が流れ込みます。

境内で提供される白酒は、午前2時頃まで人気で、冷えた体を温めるために多くの参拝者が集まります。

これは毎年恒例の光景となっています。

三が日の参拝時間は次の通りです。

  • 元旦:0時~20時
  • 1月2日・3日:6時~19時
  • 1月4日以降:9時~17時

これらの時間帯は、大阪天満宮を訪れる際の参考になるでしょう。

2024年の大阪天満宮初詣の混雑状況についての情報

大阪天満宮は全国的に有名な参拝スポットで、特に三が日はいつでも非常に混雑しています。

表門から拝殿に至る距離が短いため、境内はもちろん門の外も人で溢れかえります。

このため、三が日は表門から北門にかけて一方通行のルールが適用されます。

元旦の0時から3時頃は特に混雑が激しく、参拝には1時間半程度並ぶことを覚悟する必要があります。

日中の混雑は、元旦から3日までの9時から15時の間がピークで、この時間帯には入場制限がかかることもあります。

1月4日以降は参拝者の数は多いものの、やや落ち着き始めます。本当にゆっくりと参拝をしたい方は1月6日以降がお勧めです。

では、比較的空いている時間帯はあるのでしょうか?

混雑する中でもスムーズに参拝できる時間帯は、早朝の6時から8時、そして閉門までの17時以降となります。

これらの時間帯を狙うことで、比較的スムーズな参拝が可能です。

2024年の大阪天満宮初詣へのアクセス方法

電車でのアクセス方法:

  • 地下鉄谷町線・堺筋南森町駅からは徒歩約5分
  • JR大阪天満宮駅からも徒歩約5分

車を利用する方も多いかと思いますが、大晦日から三が日までは交通規制が敷かれ、大阪天満宮の無料駐車場も使用禁止となっています。

このため、近隣の駐車場を探す際には大渋滞に巻き込まれ、長い待ち時間が発生する可能性があります。

電車も混雑することはありますが、大晦日にはJRや地下鉄が終日運行されており、アクセスは比較的容易です。

また、大阪天満宮は日本最長の商店街として知られる「天神橋筋商店街」に隣接しており、駅から徒歩約5分で非常にアクセスしやすい立地にあります。

商店街のアーケード内には多くの屋台が出店しているため、屋台巡りを楽しみながら神社へ向かうのも初詣の醍醐味の一つです。

したがって、大阪天満宮への初詣には電車でのアクセスをお勧めします。

まとめ

「2024年の大阪天満宮での初詣と屋台の最新情報をご紹介しました。

参拝のベストタイムや混雑状況に関するアドバイスも含まれています。

元旦から三が日にかけては混雑が予想されますが、混雑を避けたい方には特定の時間帯や1月4日以降がお勧めです。

さらに、100店舗以上の屋台が並ぶので、食べ歩きを楽しむのも良いでしょう。

活気溢れる大阪天満宮で新年を迎えるのは、素晴らしい体験になるでしょう。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ