ジップロックとフリーザーバッグの洗浄・乾燥による再利用方法

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

ジップロックやフリーザーバッグは食品を分けて保存する際に非常に重宝します。

これらは一般的なポリ袋に比べて値段が高めですが、適切に洗浄し乾燥させることで再利用が可能です。

メーカーは基本的に使い捨てを推奨していますが、食品をラップで包むなどして丁寧に扱えば、これらのバッグを繰り返し使うことができます。

この記事では、ジップロックとフリーザーバッグを再利用する方法と、そのための洗浄・乾燥の手順について詳しく説明します。

スポンサーリンク

ジップロックとフリーザーバッグを再利用する利点は何ですか?

ジップロックやフリーザーバッグを使用すると、例えばお肉をトレイに入れて冷凍する代わりに、省スペースで保存できます。

残ったカレーや作り置きのおかずなどを保存する際にも大変便利です。

これらは食品保存に最適なアイテムであり、メーカーは通常は使い捨てを推奨していますが、適切に扱えば何度も使うことができます。

ジップロックとフリーザーバッグの再利用による利点

コスト削減

ジップロックやフリーザーバッグは、一般的なポリ袋と比べて少々値段が高めですが、それだけに便利なアイテムです。

頻繁に使い捨てる場合、これらのバッグはコストパフォーマンスが高くなってしまいます。

しかし、再利用によって費用を節約することができます。

廃棄物の削減

ジップロックやフリーザーバッグの使い捨ては、思った以上にゴミを生じさせます。

ゴミの削減は、環境にもお財布にも優しい選択です。

「ゴミを捨てるのにも費用がかかる」というのは、母からよく聞かされたことですが、まさにその通りです。

出来る限り再利用してジップロックやフリーザーバッグに下ごしらえの野菜や茹で野菜、お弁当のおかず用の冷凍保存に多用したいと思います。

できるだけコストを抑えたいと考えています。

ジップロックとフリーザーバッグの再利用のための創造的なアイデア

ジップロックやフリーザーバッグは、一度使用した後でも多様な使い道があります。

たとえば、旅行中のアメニティグッズの整理、使い捨てオムツの一時保管、予備のマスクを持ち運ぶためのポーチ、または生ゴミを入れる小型のゴミ袋としても活躍します。

食品との直接の再利用に抵抗がある場合でも、これらのような非食品用途での活用は十分可能です。

再利用する際のポイントとしては、以下のことに注意しましょう。

  • 食品を直接入れずに使用すること。
  • 丁寧に洗浄し、しっかりと乾燥させること。
  • 食品はラップで包んでから入れると、バッグを清潔に保ちやすくなります。
  • 洗剤で洗い流し、アルコール消毒してから乾燥させることも重要です。

ジップロックとフリーザーバッグを再利用する際のデメリット

ジップロックやフリーザーバッグの再利用には多くの利点がありますが、当然ながらデメリットも存在します。

ジップロックとフリーザーバッグの再利用におけるデメリット

手間のかかる洗浄と乾燥 私自身もジップロックやフリーザーバッグを洗って再利用していますが、袋を洗って乾かす作業は確かに面倒です。

洗浄が不十分だと衛生上の問題が生じる恐れがあり、内部に汚れや水分が残ると細菌の繁殖の原因となり、食中毒を引き起こす可能性もあります。

従って、ジップロックやフリーザーバッグを再利用する際は、丁寧な洗浄とアルコール消毒、そしてしっかりとした乾燥が重要です。

再利用せずに廃棄するべき状況

油分が多い食品(カレーやミートソースなど)を直接入れた場合 チャック部分に粉類やふりかけなどが入り込んだ場合 油分が多い内容物の場合、ジップロックは完全には洗浄できないことがあります。

洗剤の使用量や手間を考慮すると、廃棄の方が合理的です。

また、チャック部分が汚れてしっかり閉まらない場合は、再利用せずに処分することが時短にも繋がります。

私が愛用するジップロックフリーザーバッグについて

ジップロックフリーザーバッグは再利用可能な消耗品ですが、業務用のように大量に安価で購入できると便利です。

他社製品と比較しても、ジップロックは特に使いやすく設計されており、特にジッパー部分は非常にスムーズに開閉できます。

厚手の素材で作られているため、冷凍や電子レンジ解凍だけでなく、再利用にも適しています。


ジップロックとフリーザーバッグの洗浄と乾燥方法

ジップロックとフリーザーバッグを再利用する際の洗浄と乾燥方法について、食中毒のリスクを減らすための手順を詳しく説明します。

まず、洗浄についてです。普段の食器用の中性洗剤で十分です。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 柔らかいスポンジでジップロックの外側を丁寧に洗います。
  2. 次に、裏返して内側を外に出し、洗います。
  3. すすぎ終えたら、水分を軽く切ります。
  4. アルコールスプレーでジップロックの内外を消毒します。
  5. 完全に乾燥させてから再利用します。

洗浄時の注意点としては、ビニール製のため、硬いブラシやタワシで洗うのは避け、袋の隅の汚れに注意することが大切です。

乾燥方法

ジップロックの口を開けて空気を通すようにし、キッチンペーパーで水分を拭くと早く乾きます。

さらに安心するために、アルコールスプレーで除菌することも有効です。

乾燥の工夫としては、ピンチハンガーで吊るす、逆さにして菜箸を挟んだコップにかぶせる、布巾掛けにかけるなどの方法があります。

まとめ

衛生的な再利用のためには、直接食品を入れずに使用し、洗浄と乾燥をしっかり行うことが大切です。

ただし、繰り返し洗うことで素材が劣化する可能性があるため、穴が開いたりチャック部分が緩んだ場合は、再利用は控えることが望ましいです。

再利用は2~3回が目安とし、袋の状態を確認してから使用することが重要です。

キッチンでの食品保存だけでなく、多様な用途にも使えるこれらのジップロックは、賢く再利用していきましょう。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ