ホワイトボードのお手入れ方法は?消えにくい汚れの原因と解決策!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

ホワイトボードは、繰り返し書き消しが可能な便利なアイテムで、オフィスの掲示板や会議用具として、または家庭での買い物リストなどにも活用されています。

しかし、時には消えにくい汚れが残ることもありますよね。

こうした頑固な汚れをスムーズに落とす方法をご紹介します。

また、汚れが付く理由を理解することで、より効果的なメンテナンスが可能になります。

この記事では、

  • 消えにくいホワイトボードの汚れを落とす方法
  • 汚れが残る原因とその対策

を解説します。ぜひこの情報を活用して、ホワイトボードを常に清潔に保ちましょう

スポンサーリンク

ホワイトボードの頑固な汚れを簡単に落とす方法

水を使った拭き取り方法

レーザーでは落ちない汚れには、清潔な布を使い、水だけで優しく拭き取ります。

この際、布はよく絞り、中性洗剤は使用しないのがポイントです。

仕上げには乾いた布でさっと拭いて完了。

製造メーカーも推奨するこの方法で、新しいホワイトボードの汚れはほとんど落とせます。

ただし、洗剤を使わない理由は、洗剤成分が残り、後で汚れが付きやすくなるからです。

無水エタノールを使用する方法

水拭きでも取れない汚れは、無水エタノールを含ませた布で拭き取ります。

速乾性のため乾拭きは必要ありません。

ただし、タノールは肌荒れの原因となることもあるので、ゴム手袋を着用し、引火性に注意して換気良く作業してください。

ホワイトボードマーカーの活用する方法

油性ペンで書いた文字は、新しいホワイトボードマーカーで上から塗りつぶし、少し待ってから拭き取ります。

この方法は、マーカーの成分が油性ペンのインクを溶かし、容易に拭き取れるようにします。

消しゴムを使った方法

小さな汚れには消しゴムが効果的です。ゆっくりと優しくこすることで、ボードを傷つけずに汚れを取り除けます。

その後、布で水拭きと乾拭きをして仕上げます。

小さな汚れには特に有効です。

ホワイトボードに残る汚れの主な原因とは?

直後に消したインクと長時間残ったインクの問題

ホワイトボードは特別なコーティングが施された板で、専用ペンを使って繰り返し書き消しできます。

マーカーのインクはアルコールと剥離剤を含んでおり、剥離剤はアルコールが蒸発する約1分後に効果を発揮します。

そのため、直後に消すとインクが残る可能性があり、また長時間放置すると剥離剤が蒸発し、消去が困難になることがあります。

コーティングの劣化と表面の傷

ワイトボードのコーティングは時間が経つと劣化することがあります。

さらに、表面に細かな傷があると、そこにインクが滞留しやすくなり、汚れが目立つようになります。

長期間使用し続けると、新しいボードへの交換も検討が必要です。

イレーサーとマーカーの定期的な交換

ホワイトボードのイレーサーが汚れていると、逆に汚れを広げてしまう可能性があります。

水洗いできるタイプの場合は定期的に洗浄し、そうでない場合は新しいものに交換しましょう。

また、古くなったマーカーはインクがかすれやすくなり、消去も難しくなるため、劣化が見られたら新しいマーカーに交換することが推奨されます。

ホワイトボードを常に清潔に保つには?

ホワイトボードは、何度でも書いたり消したりできるため、非常に便利で長持ちするアイテムです。

粉塵が出ない点や、マグネットでメモを取り付けることができる点も、黒板とは異なる大きな利点です。

この便利なホワイトボードを維持するためには、まず水で拭くことが基本です。

さらに、常に新しい消しゴムやペンを使用することによって、汚れを防ぎつつ、いつも清潔で見やすい状態に保つことができます。

クリアで見やすいホワイトボードを保つためには、これらの簡単な維持方法が役立ちます!

まとめ

ホワイトボードのお手入れに関する方法の要点のまとめとして。

  1. 汚れの原因: ホワイトボードの汚れの主な原因は、すぐに消したインクと長時間放置したインクです。また、コーティングの劣化や表面の傷も汚れの原因となります。
  2. 清掃方法: 基本的なお手入れ方法としては、水で優しく拭くことが推奨されています。頑固な汚れには無水エタノールを使用し、小さな汚れには消しゴムが効果的です。
  3. イレーサーとマーカーの管理: 使用するイレーサーやマーカーは常に新しいものを使用することで、汚れの防止につながります。
  4. メンテナンスの重要性: 定期的な清掃と適切なメンテナンスにより、ホワイトボードを清潔に保つことができます。

これらのポイントに注意を払うことで、ホワイトボードをいつも清潔で使いやすい状態に保つことができます。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ