トイレのタオル掛けを使わない選択:衛生的対策とリメイクアイデア

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

近頃は、トイレのタオル掛けを使わない家庭が目立ってきました。衛生を重視し、タオルを設置しない選択をする人が増えています。

コロナウイルスやインフルエンザなどの病原体の拡散防止のために、トイレのタオル掛けにタオルを置かないよう推奨されていることがあります。

その代わりに、洗面所で手を洗うことが奨励されており、石けんやハンドソープを用いて手を徹底的に洗うことが大切です。

本記事では、使用しなくなったタオル掛けを創意工夫して活用するアイデアやリメイクの方法を紹介しています。

これにより、衛生的で効果的な手洗いの方法を学びつつ、トイレの空間をもっと個性的で魅力的に変えるヒントを得ることができます。

使わないタオル掛けを上手く再利用することで、あなたのトイレを洗練された清潔な空間へと変身させることが可能です。

この記事を読み進めることで、健康を守ると同時に、トイレをより魅力的な場所にする方法を発見しましょう。

トイレでの手洗いによる細菌・ウイルスの拡散リスク

 トイレで手を洗うことが衛生上の問題になる可能性について、考えたことはありますか?

トイレ内での手洗いが細菌やウイルスの拡散リスクを増加させることがあるのです。

多くの人がトイレ使用後に手を洗いますが、洗い方には差があります。

トイレの水槽からの手洗いは、衛生的ではありません。

一方で、洗面所で石鹸やハンドソープを使い、清潔なタオルやペーパータオルで手を拭くことは、細菌の拡散を防ぎます。

しかし、トイレの水槽の水だけで手を洗った場合、大腸菌やウイルスの増殖リスクが高まります。

そして、トイレのタオル掛けにあるタオルで手を拭くと、細菌やウイルスの増殖が促されることがあります。

そのため、トイレのタオル掛けを使わない選択が賢明です。

そのタオルを使用することで、次に使う人に健康リスクをもたらすことがあります。

トイレのタオルからノロウイルスに感染した事例も報告されています。

自分や家族を守るためにも、常に清潔なタオルを使用することが大切です。

特に、高齢者や子供がいる家庭では、感染症への警戒が必要です。

マスクの着用や消毒を徹底しても、トイレのタオルを介した感染はこれらの予防策を無効にすることがあります。

リフォーム業者によると、トイレの水槽を使って手を洗う人は全体の約30%にとどまるそうです。

スポンサーリンク

トイレのタオル掛け再活用術:新たな収納ソリューションへの転換

 最近では、手洗いを控えてトイレのタオル掛けを使わない家庭が増えています。

このような状況を踏まえ、使われずに残ったタオル掛けを別の目的に利用する方法を考えてみませんか?

以下では、タオル掛けを活用した創造的な収納アイデアを紹介します。

  • S字フックを使って掃除道具を吊り下げ、スペースを効率的に使う方法
  • 吊り下げ式のバスケットを取り付けて、トイレットペーパー等をおしゃれに収納するアイデア
  • ドライフラワーやアロマ製品を飾り、目にも鼻にも心地よい空間を作り出す提案

これらのアイデアについて、もっと詳しく見ていきましょう。

S字フックを使った掃除道具の便利な収納

未使用のタオル掛けにS字フックを取り付け、そこに掃除道具をかけることで、床をスッキリさせつつ、必要な時にサッと取り出せる収納スペースを作り出します。

 S字フックで掃除用具を吊り下げ、スマートに収納

トイレを使用するたびに細かな汚れが広がり、掃除用具を床や壁に直置きすると衛生的でない場合があります。

トイレットペーパーの紙片が舞いやすい環境では、掃除用品もほこりを引き寄せやすくなります。

タオル掛けに掃除道具を吊り下げれば、これらを床から離し、ほこりが溜まりにくくなります。

もしすでにトイレの棚に掃除用品を収納している場合でも、タオル掛けを使うことで、トイレ掃除をもっと手軽にし、アクセスしやすい場所に掃除用品を置くことができます。

棚が高い場所にある時、掃除用品を取るのに手を伸ばす必要がありますが、タオル掛けなら手が届きやすく、素早く取り出せます。

この方法を取り入れることで、トイレ掃除がぐっと楽になります。

さらに、この方法は子どもたちがトイレ掃除に参加しやすくする効果もあります。

掃除用品を子どもの手が届く高さに置くことで、彼らが手伝いを申し出やすくなります。

掃除用具を手近に置くことで、掃除をする頻度も自然と高まるでしょう。

タオル掛けに装着するバスケットでトイレットペーパーを整頓

 容易に取り付け可能な吊り下げバスケットは、トイレのタオル掛けにぴったりです。

このバスケットを使用すれば、トイレットペーパーをおしゃれに収納でき、使いたい時にサッと取り出せます。

もし現在、棚や床にトイレットペーパーを置いているなら、この吊り下げバスケットを使うことを検討してみてください。

誰もが経験するであろう、トイレットペーパーが切れてしまう状況を避けたいですよね。

理想的にはトイレに入る前にペーパーの残量をチェックするべきですが、座ってから気づくこともあります。

バスケットがあれば、トイレットペーパーの補充が容易になり、また掃除用具の整理にも便利です。

ペーパーを取るために体を動かす手間が省け、トイレの使用がより快適になります。

トイレを彩るドライフラワーとアロマの活用法

トイレのタオル掛けを使わないなら、ドライフラワーを吊るして、一瞬で空間を洗練されたものに変えましょう。

ドライフラワーは、トイレにエレガントな雰囲気を加え、観葉植物では得られない独特の香りとスタイルを提供します。

アロマオイルをドライフラワーに数滴たらすことで、自然な芳香剤としても機能します。

「レモン」「ユーカリ」「ティーツリー」「ベルガモット」などのトイレに適した香りを選んで、消臭効果も得られます。

自分でアロマオイルをブレンドして、自分だけの香りを楽しむことも魅力的です。

以前はリードディフューザーを用いていましたが、トイレットペーパーの紙くずでほこりが舞うことが問題となり、使用をやめました。

しかし、リードディフューザーをタオル掛けに吊るすことで、ほこりを気にすることなく使用できます。

また、使用しなくなったタオル掛けに吊り下げバスケットを設置することもお勧めします。

トイレットペーパーや掃除用具を入れておくと、必要な時にすぐに手が届き、棚からの取り出しも楽になり、快適なトイレタイムが保証されます。

 アクリル板を使ったトイレ棚DIY

トイレのタオル掛けのすぐ後ろにアクリル板やガラス板を設置するだけで、手軽におしゃれな棚を自作することが可能です。

このDIY棚は、飾り物やアート作品を展示するのに適しています。

子どもの作品や家族の写真を飾ることで、トイレの空間に個性的な雰囲気を加えられます。

ある友人宅のトイレで見た、コルクボードに飾られた写真集はとても印象深いものでした。

私がトイレをリノベーションする際には、アートや植物を取り入れることが多いですが、訪れる人たちに楽しんでもらえるような写真展示は素晴らしいアイデアだと思います。

ただ、棚にアイテムを多く置き過ぎるとごちゃごちゃして見えがちなので、ディスプレイには慎重さが求められます。

リノベーション後は、スペースをきちんと整理し、全体に調和を持たせて配置しましょう。

棚に観葉植物を加えることで、空間は一層魅力的になります。

まとめ

トイレでのタオル使用は、細菌やウイルスの増殖を促し、衛生上の問題を生じさせる可能性があります。

特に、共用のタオルからノロウイルスへの感染が報告されています。

トイレ後の手洗いには、石鹼やハンドソープの使用と、清潔なペーパータオルやタオルでの手の拭き取りが推奨されています。

使わないトイレのタオル掛けは、S字フックを用いた掃除用具の収納や、トイレットペーパーを収めるための吊り下げバスケットの設置に転用できます。

ドライフラワーにアロマオイルを垂らしてタオル掛けにかけることで、室内用の自然な芳香剤として活用することもできます。

タオル掛けはネジで固定されており、取り外してアクリル板やガラス板を挟むことで、トイレの見た目をアップグレードすることができます。

トイレで直接手を洗うことを避け、使用後は手をしっかりと洗って除菌することが大切です。

家庭内でのタオル掛けの共有は感染リスクを高めるため、注意が必要です。

使っていないタオル掛けを収納やデコレーション用途で再利用することにより、スタイリッシュなトイレ空間を作り出すことができます。

感染症予防のためにも、トイレのタオルを撤去し、衛生的な環境を維持することが推奨されています。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ