冬にマスク内部が湿気が増加!その原因と手軽にできる対応策は?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

冷え込む季節が到来し、気温の低下を感じるこの頃です。

「冬が来ると、マスク内部が湿ってしまい、 化粧が崩れる上に、不快感がある…」 と困っている皆さんへ。

私も同じ悩みを抱えていて、 「マスク内を拭いても、またたく間に湿気が戻ってきて、 対処法が分からず困っている…」 と日々頭を悩ませていました。

まだまだマスクをつけている方も多いですし、仕事中にマスクの問題で心を乱したくないですよね。

この記事では、 手軽に試せる解決策をいくつかお伝えします。

スポンサーリンク

マスクの内部が濡れる理由とは?

マスク内部が湿る主な理由は、 実は「結露現象」にあります。

寒い季節、自宅の窓ガラスに水滴がつくのを見たことがありますよね。

実は、マスクの内側でも同じことが起こっています。

冬には外気が非常に冷え込みます。

その一方で、室内は暖房によって暖かく保たれています。

室内の温かい空気中の水分が、冷たい外気で冷えた窓に触れると、 急速に冷却されます。

その結果、室内の水蒸気が水滴に変わり、 窓に水滴がついて濡れるのです。

つまり、マスクの中は暖房で温められた室内、 マスクの外は室外の寒い空気。

この二つの環境が結露と同じ現象を引き起こし、 マスクが内側から濡れてしまうのです。

寒くなるとマスクが濡れるのは、 避けられない自然現象だったのです。

マスク内部の湿気に対処する方法は?

冬の寒さでマスクが濡れるのは避けられない現象ですが、 化粧が崩れたり、肌トラブルが起きたり、不快感があるのは困りものです。

マスクが湿ってしまった際の対策があれば、助かりますよね。

この記事では、手軽に実践できる対策を4つお伝えします!

鼻で深く呼吸することを試してみましょう!

口からの呼気と鼻からの呼気を比較すると、 口からの呼気にはより多くの水分が含まれています。

単に呼吸の仕方を、 口呼吸から鼻呼吸に切り替えることで、 マスクの湿り具合を 大幅に減らすことが可能です。

しかし、営業職や会議で頻繁に話す必要がある場合、 呼吸の仕方を意識しても、 マスクの湿気を完全に防ぐのは難しいですよね。

マスクの内側と顔の間にガーゼやティッシュを挟んでみましょう!

濡れたマスクに直面したとき、私がよく行う対策の一つは、マスクの内側にティッシュを挿入することです。

この場合、ティッシュよりもキッチンペーパーの使用が特に効果的です。

キッチンペーパーは吸水性が高く、通常のポケットティッシュよりも形を保ちやすいです。

ただし、ポケットティッシュよりも固めなので、最初は少し違和感を感じるかもしれません。

もし事前に準備できるなら、マスクと肌の間にガーゼを挟むことをおススメします。

ガーゼは普通の不織布マスクよりも吸水性に優れており、湿気をしっかりと吸収します。

これらはネットやドラッグストアで簡単に入手可能で、洗って再使用することもでき、環境に優しい選択です。

吸水速乾のマスクを選んでみましょう!

ガーゼやティッシュをマスクと顔の間に挟む方法は、話しにくさという欠点があります。

この問題に対処するためには、吸水性や速乾性に優れた高機能マスクの使用を検討するのが良いでしょう。

私も経験がありますが、通常の不織布マスクと比較して、これらの高機能マスクはマスク内の水滴が少なく感じられます。

インナーマスクの使用を試してみましょう!

私が特に効果的だと感じたのは、インナーマスクの使用でした。

不織布マスクと肌の間にインナーマスクを配置することで、口元とマスクの間に少しの空間が生まれます。

マスクが湿ること自体は変わりませんが、肌とマスクの間に空間ができるため、水滴が直接肌に触れず、快適に過ごせました。

マスクを外すタイミングがあれば、マスク内の水滴を拭き取ることもしています。

まとめ

最近では、マスクを外している方もたくさんいらっしゃいますが、まだまだマスクをされている人も多いですね。

特に寒くなってきて感染症のこともありますが、マスクをつけていると顔が温かいのですよね!

それにマスク週間でメイクしなくて良くなり「楽」ということに気づいてまって。

特に仕事中は、簡単にマスクを取るわけにはいかず、 少しでも心地よく過ごしたいものです。

自分に合ったマスクの湿気対処法を探して、 冬の間もマスクを上手に利用しましょう。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ