入学式や卒業式で着物を着るのは恥ずかしい?装いのマナーについて

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

イベント
スポンサーリンク

子供の入学式や卒業式における親の服装として、着物を選ぶことについて考察します。

子供たちはスーツやドレスで華やかに着飾る中、親が着物を着ることが適切かどうか、疑問に思うこともあるでしょう。

着物を選ぶことが他の参加者との間で浮いてしまったり、過剰に映るのではないかという懸念があるかもしれません。

しかし、入学式での着物着用自体に問題はないと言えます。

昨今、式典で着物を着る母親は少なくなっていますが、これはマナー違反ではありませんので心配無用です。

着物は日本の伝統的な正装として知られています。

着物を選ぶ際、色や柄に注意を払うことが大切です。

適切な選び方をすれば、不適切に目立つことは避けられます。

重要なのは、着物には様々な「格」が存在することを理解することです。

カジュアル向けのものではなく、フォーマルなシーンに相応しい着物を選ぶべきです。

適切な着物の選び方を誤ると、他の参加者から違和感を覚えられることがあります。

そこで、入学式や卒業式に着物を着る際の注意点を紹介しましょう。

スポンサーリンク

入学式における着物の選び方:華やかさと適切さのバランス

入学式は子供にとって大切な節目であり、着物はその祝福に相応しい選択肢の一つです。

ただし、最近では入学式で着物を選ぶ母親の数は減少傾向にあります。

地域や学校により異なるものの、着物を着用する割合は約10%程度とされています。

着物を好む人々は特に富裕層とは限らず、着物が好きで自分で着付けができる方々が多いです。

お茶の趣味などで普段から着物を着る機会がある人もいます。

着物は体型の変化にも対応しやすく、コストパフォーマンスに優れていると感じる人もいるため、選ばれます。

入学式では着物が受け入れられている一方、卒園式や卒業式では不適切と考える人もいますが、実際にはこれらの式典での着物着用に問題はありません。

卒園式や卒業式では洋服が主流で、暗い色の服が多いため、着物を選ぶ際の色選びが重要です。

パステルカラーや訪問着は、入学式や卒業式に適した略礼装とされていますが、カジュアルな小紋や紬は避けた方が良いでしょう。

以前は薄い色の着物に黒の羽織を合わせることが一般的でしたが、現在では黒の羽織は目立ちすぎるとされています。

ブルー、グレー、ライトパープルなどの着物は目立ちにくく、パステルカラーでも派手すぎなければ適切です。

しかし、豪華すぎる訪問着は避けましょう。

30代・40代の母親におすすめ:入学式での適切な着物の色とデザインやヘアスタイルの選び方

中心である子供の入学式や卒業式に参加する際、母親も適した装いを心掛けたいですね。

着物の色やデザイン、さらに髪型の選び方について考察しましょう。

入学式には、洋服同様、白やベージュ、淡い色が人気です。

着物でこれらの明るい色を選ぶと、春らしい雰囲気を演出でき、過度に目立つこともありません。

ただし、子供が主役となるため、派手すぎる色合いは避けることが望ましいです。

私立学校の入学式では紺色が好まれることもあるので、事前に情報を得ることが大切です。

卒業式では、別れの意識を反映させて、やや落ち着いた色を選ぶのが好ましいです。

デザイン面では、春らしい花柄も人気がありますが、大きすぎる柄や過多な柄は避けた方が良いでしょう。

40代後半の方は、パステルカラーよりも渋めの色や控えめな柄を選ぶと、より上品な印象になります。

髪型については、30代から40代の方には、ヘアオイルを使って落ち着かせたスタイルが着物に映えます。

髪飾りは、キラキラしすぎるものよりも、パールを使った落ち着いたデザインがおすすめです。

これらのポイントを抑えることで、入学式や卒業式における着物スタイルが、洗練されたものになるでしょう。

まとめ

入学式や卒業式で着物を着ることは、恥ずかしいことではなく、むしろ周囲との調和を意識することが大切です。

適切な色や柄の選び方、年齢に応じた着こなしを心掛けることが重要です。

子供の成長を祝う大切なイベントには、派手すぎない、祝いの場に相応しい服装を選ぶことが望ましいです。

これらのポイントに留意すれば、入学式や卒業式での着物スタイルは、適切で魅力的になります。

子供の特別な日を、素敵な装いでさらに彩ることができるでしょう。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ