2024年浅草寺初詣の参拝者数や屋台情報!開門時刻や混雑予測は?

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

スポンサーリンク

東京の浅草地区に位置する、国際的にも有名な浅草寺では、毎年新年に7日間にわたって特別な祈祷会が開催されます。

この期間中、浅草寺は非常に混雑し、仲見世通りから本堂に至るまでの道は人々で溢れかえります。

2024年の浅草寺初詣の参拝者数と混雑具合を詳しく説明し、さらに、楽しい屋台や閉門時間についても情報を提供します。

仲見世通りでは、様々なグルメやお土産が売られており、訪れる人々を魅了します。

参拝者が多く混雑が見込まれますが、浅草寺の活気ある初詣を存分に楽しんでいただけることでしょう。

スポンサーリンク

2024年浅草寺初詣の詳細情報

  • 場所:浅草寺
  • 住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
  • 電話番号:03-3842-0181
  • 本堂の開門時間:午前6時(10月〜3月は午前6時30分)から午後5時まで(境内は一日中開放)
  • 拝観料:無料
  • アクセス方法:東武鉄道、都営地下鉄、東京メトロ、つくばエクスプレスの各「浅草駅」からすぐ
  • 駐車場:なし

浅草駅から歩いてすぐのところに位置する雷門は、その迫力ある姿で訪れる人々を迎えます。

風神と雷神が祀られているこの門を抜けると、風情ある仲見世通りが広がります。

仲見世通りには、おせんべいやお団子、人形焼きなどの美味しい食べ物や、日本らしい着物、刀、手裏剣などの土産物が並んでおり、子供たちや外国人観光客にも人気です。

私自身も浅草寺に訪れるたびに、この通りを食べ物を楽しみながら歩くのがお決まりのルーティンです。

この通りを進むと、チタン瓦で覆われた本堂が見えてきます。

特に初詣の時期には、この仲見世通りから本堂にかけてのエリアが大勢の人で溢れ、賑やかな雰囲気に包まれます。

2024年の浅草寺初詣の参拝者数

浅草寺は日本の初詣スポットとして高い人気を誇り、参拝者数は非常に多いことで知られています。

例えば、東京の明治神宮が約310万人を集める中、浅草寺もそれに匹敵する約290万人の参拝者が訪れます。

これにより、首都圏の初詣スポットとしても常に上位にランクインしています。

浅草寺自体は広大な敷地を持つわけではないため、290万人が集まるとかなりの混雑が予想されます。

2024年の浅草寺初詣の屋台情報

雷門から本堂に至る仲見世通りに加え、境内各所に約200店舗の屋台が出店されます。

これらの屋台は活気に満ち、カステラや焼きそばなどの匂いが食欲をそそります。

ただし、将来の感染症の状況によっては、出店が中止または縮小される可能性もある点に注意が必要です。

屋台の営業時間
  • 大晦日:22時頃から開始
  • 元旦:0時から19時まで
  • 1月2日:9時半から18時まで
  • 1月3日:9時半から17時まで
  • 1月4日以降~数日間:11時から17時まで

仲見世通りの営業時間は、

三が日は9時から19時、通常期間は10時から17時までとなります。

浅草寺の屋台は多種多様で、たこ焼きや焼きそば、チョコバナナ、ベビーカステラ、玉こんにゃく、とん汁、牛もつ、みそおでん、甘酒、鮎の塩焼き、あめ細工、串もんじゃ焼き、肉巻きもちもち棒、マラサダドーナツなど、さまざまな味わいが楽しめます。

これらの屋台では、温かい味噌おでんや甘酒で体を温めるのも、冬の楽しみの一つです。

浅草寺の2024年初詣の開門時間情報

浅草寺の境内は年間を通していつでも参拝可能ですが、本堂を含む各御堂の開門時間は特定の時間帯に限られています。

賽銭箱は本堂の外に設置されているため、24時間いつでもお参りはできますが、本堂の扉は特定の時間外には開いていません。

通常の期間中、浅草寺の各御堂は朝6時から夕方17時まで開いています。

ただし、お正月の初詣期間中は開門時間が変更されます。具体的な時間は以下の通りです。

  • 大晦日:6時半から19時まで
  • 元旦:0時から20時半まで
  • 1月2日:6時半から19時半まで
  • 1月3日、4日:6時半から19時まで
  • 1月5日:6時半から18時半まで
  • 1月6日、7日:6時半から18時まで

これらの時間は、特にお正月の期間中、参拝者が境内に入ることができる時間を示しています。

2024年の浅草寺初詣における混雑を避ける方法

浅草寺の初詣には約290万人が参拝に訪れるため、混雑は避けがたいですが、特に混雑が激しい時間帯と比較的空いている時間帯が存在します。

最も混雑が予想されるのは、大晦日の11時から元旦の2時頃、そして元旦の10時から17時頃です。

これらの時間帯では、雷門から仲見世を経由し、本堂での参拝までに2時間以上かかることもあります。

それに対して、混雑が比較的少ない時間帯は、元旦の午前3時から9時まで、および1月2日以降の早朝から10時頃までです。

混雑を避けたい方は、これらの時間帯を狙って参拝することをおすすめします。

さらに、浅草寺の現状をリアルタイムで把握するために、公式ホームページで提供されているライブカメラの映像を事前にチェックするのも有効です。

これにより、出発前に現地の混雑具合を確認することができます。

2024年の浅草寺初詣時の交通規制に関する情報

浅草寺は国内外からの参拝者が多く、三が日には約290万人が訪れるため、周辺道路は大変な混雑を見せます。

これに対処するため、特に年末年始には交通規制が敷かれます。

年末年始の車両通行規制

  • 2月31日:23時から元旦の午前3時まで
  • 1月1日から1月3日:11時から17時まで

車で浅草寺に行く予定の方は、これらの時間帯には進入禁止区域が設けられる可能性があります。

また、必要に応じて迂回路を利用する必要があるかもしれません。

歩行者にも注意点があります。

特に大晦日の深夜には、仲見世通りが浅草寺への一方通行になります。

これは雷門からのみ入場できるということを意味しています。

したがって、大晦日に浅草寺へ行く際は、雷門からの入場を心掛けてください。

さらに、非常に混雑している場合、参拝後に仲見世通りに戻ることが難しくなることもありますので、この点にも注意が必要です。

まとめ

「2024年浅草寺初詣の概要: 参拝者数、屋台情報、開門時間、混雑状況」についての情報をお伝えしました。

首都圏の初詣スポットとして人気の高い浅草寺では、正月三が日には多くの参拝者が訪れ、その結果として混雑が避けられない状況となっています。

しかし、その一方で、多数の魅力的な屋台が軒を連ね、活気溢れる雰囲気が特徴的です。

久しぶりにそうした賑やかな場所を訪れたいと思っている方は、浅草寺への訪問を計画する際に、ライブカメラなどを使って人出の状況を事前に確認するのがおすすめです。

お参りの際には列に並ぶことも予想されるので、暖かい格好でお出かけください。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
がねりゅうブログ