パンプスがパカパカと脱げる問題!原因と解決策を徹底分析!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

暮らし
スポンサーリンク

パンプスを美しく着用する女性は魅力的です。

しかし、新しいパンプスを購入し、歩いてみると、気づけばかかとが滑り出してしまうことがあります。

これは歩きにくいだけでなく、見た目にも良くなく、安全上のリスクも伴います。

また、無理な歩行は足の疲労を引き起こすだけでなく、姿勢を損ない、足のトラブルの一因にもなり得ます。

「新品のパンプスが、サイズが合っているにもかかわらず滑るのはなぜ?」

このような疑問をお持ちの方のために、パンプスが滑る原因と、それを防ぐ方法について詳しく解説します。

この記事が役立つことを願っています。

スポンサーリンク

パンプスのサイズはぴったりなのに脱げる理由は何?

パンプスがなぜパカパカと脱げるかについて、主な理由はパンプスが足に比べて大きすぎ、かかと部分に隙間が生じることです。

「足のサイズに合わせて購入したはずなのにどうして?」と疑問に思うことでしょう。

実は、足のサイズは日中の時間や体調によって変動します。

例えば、夕方には足がむくんで大きくなりがちですが、朝はそのむくみが取れてスッキリしています。

そのため、夕方にフィットするサイズのパンプスを朝に履くと、大きく感じてしまうことがあります。

加えて、ヒールの高いパンプスは歩くたびに足が前へ滑りやすく、これもズレの原因になります。

特にタイツやストッキングを履いている場合、滑りやすくなるので注意が必要です。

試着する際は実際に歩いてフィット感を確かめましょう。

さらに、甲の高さや横幅が足に合っていない場合もあります。

パンプスはスニーカーやブーツと比べると足を覆う部分が少なく、一部に負担がかかりやすいです。

そのため、甲の部分が合わないと不快感や靴擦れの原因にもなります。

サイズが合うのに脱げるパンプスへの対処法!

パンプスが脱げる問題に対する実用的な対策をお伝えします。

緊急時の応急処置にも役立つ方法を含めてご紹介するので、ぜひお試しください。

つま先部分の調整

パンプスが脱げる際には、つま先に何かを詰めて、靴と足の隙間を埋めるのが簡単な対策です。

手元にあるもので対処するなら、ティッシュやストッキング、コットンなどが便利です。

これらを小さくしてつま先に入れると、歩きやすさが改善されます。

ただし、この方法は長時間には適していません。特にティッシュは歩行によって圧縮されて固くなり、足が痛くなることもあります。

100円ショップやドラッグストアで販売されているつま先用パッドの使用をお勧めします。

リーズナブルな価格で手に入れることができます。

かかと専用の中敷きを使用して調整

かかと用の中敷きは滑り止めとしての役割を果たすだけでなく、サイズ調整にも役立つ便利なアイテムです。特に靴擦れを防ぐ点が重要です。

特に女性にとって、新しいパンプスのかかと部分の擦れは避けたい問題です。

新しいパンプスを買う際には、事前にこれらの中敷きを準備するのも良いでしょう。

ストッキングの変更

滑り止め加工が施されたストッキングも市販されており、これは良い選択肢になるでしょう。

これらは指先の伝線防止にも役立ちます。

例えば、滑りやすいフローリングの床での使用も考慮されています。

日常使用においても価格がポイントになりますが、ATUGIのノンスリップストッキングは約600円と手頃です。

脱げることによる恥ずかしい瞬間や足の痛みを考慮すれば、この投資はコストパフォーマンスが高いと言えます。

シューズバンドの活用

シューズバンドは、パンプスの上から装着して、足と靴をしっかり固定するアクセサリーです。

身近にある物で代用する場合は、ヘアゴムやアームバンドが有効です。

また、雑貨店や100円ショップで見つけることができる、おしゃれなデザインのシューズバンドもあります。

服装を邪魔しない、目立たないタイプも豊富に揃っています。

普通のパンプスにバンドを付けることで、歩きやすさが増し、足の疲れも軽減されます。

日頃から携帯することで、いざという時の強い味方になるでしょう。

まとめ

この記事を通して、パンプスが脱げやすい理由とそれを防ぐための方法をご紹介しました。

最適なのは足に完全にフィットするパンプスを選ぶことですが、急な外出時に「パンプスのかかとがパカパカと脱げる!」という状況に直面したら、ここで挙げた対策を試してみてください。

理想のパンプスで、快適に美しく歩くための一助となれば幸いです。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
がねりゅうブログ