イライラを引き起こすビジネス用語20選!不快感を与えかねないカタカナ語

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

仕事
スポンサーリンク

日々の生活に限らず、ビジネスシーンでもカタカナ語が広く使われているのが現状です。

これらの言葉は、専門知識を持つ人が使うと説得力がありますが、スキルが低い同僚や非効率な職場での使用は、イライラの原因になることがあります。

今回は、特にイライラを誘発するカタカナビジネス用語をいくつかピックアップしてみました。

スポンサーリンク

エビデンス(元の言葉:「証拠」)

「エビデンス」とは、根拠や証明を意味する言葉です。

よく「エビデンスはどこにある?」や「エビデンスを記録しておいて」という文脈で使用されます。

しかし、些細な仕事に対してこの言葉を過度に用いると、その行為自体がイライラの「エビデンス」となってしまうこともありそうです。

リソース(元の言葉:「人員」)

「リソース」とは、一般的には人材やスタッフを指す言葉です。

「リソース不足だから」や「リソースがすでに確保されている」といった文脈でしばしば耳にします。

しかし、仕事が遅くてスキルのない人がこれを言い訳にすると、特にイライラします。

つい「君はもともと私たちのチームのリソースとは考えてないけど」と言いたくなることも。

アサイン(元の言葉:「割り当て」)

「アサイン」とは、役割や責任を分配することを意味します。

「このプロジェクトをアサインしたから」とか「誰をアサインする?」といった文脈で使われます。

しかし、単純な作業や雑用に対して「アサイン」と繰り返し言われると、イライラが募ります。

「アサイン、アサインって、五月蠅いよ!」と、まるで「サイン、コサイン、タンジェント」のリズムじゃないですか!と反発したくなることでしょう。

アジェンダ(元の言葉:「議題」)

「アジェンダ」という言葉は、会議の議題や行動計画を指すものです。

「今日のアジェンダは何?」や「会議のアジェンダをまとめておく」などという文脈で使われます。

しかし、実際にはシンプルな「議題」という言葉で十分であり、「アジェンダ」の使用は少々煩わしい感じがします。

実際、「アジェンダ」の使用を避け、「議題」として扱うことを提案したくなることもあります。

タスク(元の言葉:「行うべき仕事」)

「タスク」とは、行うべき仕事や任務を指します。

「タスクがたくさんある」「タスクが多くてで忙しい」といった表現で代替されることが多いです。

この言葉は、忙しさを強調する際によく用いられますが、実際には「仕事」という一般的な言葉で事足りると考えられることが多いです。

「タスク」と頻繁に言う人は、その管理や調整が不十分であることがしばしば感じられます。

リスケ(リスケジュール)(元の言葉:「予定変更」)

「リスケ」とは、予定の変更を短縮した言葉です。

「午後の会議をリスケして」「今日は時間がないのでリスケしましょう」という使い方が一般的です。

この言葉も、略す必要があるのかと疑問に思うことがあります。

予定をうまく管理できずに「リスケ」を頻繁に行う人がいると、その仕事や会議の必要性自体を疑ってしまうこともあります。

フィードバック(元の言葉:「助言や評価」)

「フィードバック」とは、相手に助言や評価を提供することを意味します。

「この意見をフィードバックしてください」や「資料に関するフィードバックをお願いします」といった形で用いられます。

しかし、フィードバックが実際に改善に結びつかないことも多く、助言としての役割を果たしていないと感じることがあります。

また、不必要な助言をする人からのフィードバックは特に受け取りたくないものです。

リマインド(元の言葉:「再確認」)

「リマインド」とは、再確認や注意を促す意味で使われます。

「あの件をリマインドしておいて」や「午後の会議のリマインドをありがとう」といった形で使用されることが多いです。

忘れないようにするためや、忘れがちな事項に対して用いられます。

しかし、過度な「リマインド」は面倒くささを感じさせたり、余計なやり取りによる疲れを感じることもあります。

バッファ(元の言葉:「余裕」)

「バッファ」とは余裕やゆとりを意味します。


「もう少しバッファを持とう」とか「締め切りまでバッファを設けよう」という風に、よく「バッファ」という言葉を使うことがあります。

ただ、その意味がよくわからないので、無意味に「バッファ、バッファ」と繰り返し使うのは避けてほしいですね。

特に、この言葉を無闇に使う人に対して、私自身まだ心の余裕を持てていないと感じています。

フィックス(元の言葉:「確定」)

「フィックス」とは、物事を確定させる、決めるという意味で使用されます。

例えば、「この案件はもうフィックスしているから」とか「その件は早めにフィックスさせて」といった文脈で使われることがあります。

しかし、重要な決定に「フィックス」という一般的でない表現を使う必要はほとんどなく、単に「確定」と言うだけで十分な場合が多いと思います。

ファクト(元の言葉:「事実」)

「ファクト」とは、事実や実情を指す言葉です。

「この案件に関するファクトをはっきりさせよう」とか「ファクトに基づいて話し合いましょう」という風に使われます。

しかし、この言葉も、単純に「事実」と表現すれば十分であり、特別な専門用語としての「ファクト」を使う必要はないと考えられます。

ボトルネック(元の言葉:「障害点」)

「ボトルネック」とは、進行を妨げる障害点や問題点を意味する言葉です。

「この部分がボトルネックになっている」とか「ボトルネックをクリアしないと前に進めない」といった使い方をします。

この言葉も、実際には「障害点」というシンプルで分かりやすい表現で充分です。

カタカナビジネス用語の過剰な使用は、職場での円滑なコミュニケーションを阻害することもあるため、注意が必要です。

コミットメント(元の言葉:「責任」)

「コミットメント」とは、責任や約束を表す言葉です。

「コミットメントを持って取り組む」や「プロジェクトに対するコミットメントを負う」といった文脈で使われます。

特に、責任を他人に押し付けたい時によく使われることがあり、軽々しく使うべきではない言葉です。

リスクヘッジ(元の言葉:「危機回避」)

「リスクヘッジ」とは、危機を避けることを意味します。

「リスクヘッジのため再確認しよう」とか「リスクヘッジを避けるための調整をする」といった使い方をします。

しかし、この表現はよりシンプルな「危機回避」という言葉で充分伝わると思います。

ナレッジ(元の言葉:「知識や情報」)

「ナレッジ」とは、知識や情報を指す言葉です。

「このナレッジを共有してください」や「ナレッジの管理をしましょう」という形で使われます。

しかし、この用語も、自己のナレッジを誇示するために使われれしまい、単純に「知識」と言うだけで十分なので聞いている方は少々イラっとしていまいますね。

フレームワーク(元の言葉:「枠組み」)

「フレームワーク」とは、枠組みや取り組み方法を意味します。

「フレームワークに従って進めてください」とか「新しいフレームワークを作りましょう」といった文脈で使われます。

この言葉も、「枠組み」という分かりやすい表現で良いと思います。

ベストプラクティス(元の言葉:「最適な手順」)

「ベストプラクティス」とは、最適な方法や手順を指す言葉です。

「これがベストプラクティスか?」や「ベストプラクティスを追求しましょう」といった形で使われます。

しかし、「最適な手順」という直接的な表現で充分であることが多いです。

コンプライアンス(元の言葉:「法令遵守」)

「コンプライアンス」とは、法的な規則や基準の遵守を意味します。

「コンプライアンスは問題ないですか?」や「コンプライアンスを怠っています」といった文脈で使われます。

この言葉には、だいぶん慣れてきました。

しかし「法令遵守」という言葉で十分に伝わると思います。

ポテンシャル(元の言葉「潜在能力や可能性」)

「ポテンシャル」とは潜在能力や可能性を意味します。

「新人のポテンシャルをもっと引き出そう」とか「ポテンシャルをあげるためには指導が必要」などと使われます。

この言葉に関しては、だいぶん一般に浸透していると思います。

しかし、ポテンシャルを高めようと過度に言われると押し付けられているように感じてしまい「うざい」と受け取られてしまいますので、使用頻度は控えめにしたほうがいいと思います。

コンセンサス(元の言葉「意見の一致・合意」)

「コンセンサス」とは合意をとるという意味の言葉です。

「社内のコンセンサスをとる」や「会議で全員のコンセンサスを得ました」などと使われます。

この言葉をわざわざ使わなくても「社内で合意を得ました」と言えば問題ないように思います。

カタカナの専門用語って本当に意図が伝わっているのでしょうか?

ビジネスシーンで頻繁に使われるカタカナビジネス用語について、その必要性に疑問を抱くことがあります。

特に、まだ広く受け入れられていない、あるいは誤解を生みやすい言葉を使って重要な内容を伝えることの適切さには、しばしば懐疑的になります。

使用者自身がその言葉の意味を完全に理解していないことも考えられます。

もし明瞭で理解しやすい日本語表現が存在するのなら、わざわざ外来語を使う必要はないと思います。

大切なのは、話し相手やその状況に応じて適切な言葉を選ぶ柔軟性です。

このように適切に言葉を選べば、先に挙げたような外来語を用いても問題はありません。

最も重要なのは、伝えたい意図が正確に伝わることです。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ