「うつつを抜かす」という言葉の意味とは?夢中になる感覚のこと!

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

言葉
スポンサーリンク

「うつつを抜かす」という言葉、皆さんは耳にしたことがありますか?

その意味について、少し考えてしまうこともあるかもしれません。

たとえば、私は自分の空き時間についスマホのゲーム画面を眺めてしまい、いつの間にか「うつつを抜かして」しまうことがよくあります。

これは、スマホゲームに没頭している状態と言えるでしょう。

「もうこんな時間!急いで食事の支度をしなくては!」なんてことがしばしばです。

大人としては、こうした行動について考え直す必要があるかもしれませんね。

このように日常生活でよく使われる「うつつを抜かす」という言葉ですが、今回はその詳しい意味や使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

「うつつを抜かす」の深い意味とは

「うつつを抜かす」というフレーズ、どんな意味があるのでしょうか?

この言葉は、「心を完全に奪われること」や「現実から離れて没頭すること」を表します。

発音は、「うつつをぬかす」となります。

特に注目すべきは、「うつつ」という単語です

これはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

では、「うつつ」とは一体どのような意味を持つのでしょうか?

この単語になじみがないと、使い方を理解するのも難しいかもしれません。

ここで、「うつつ」の意味についても詳しく見ていきましょう。

「うつつを抜かす」の語源とその意味

「うつつ」という言葉は、漢字で「現」と書かれ、現実世界を示す言葉として使われます。

「うつつ」には、現実を指す意味の他に、「意識がはっきりしている状態や生きていること」を意味する側面もあります。

この考え方に基づき、「何かに心奪われ、魂が抜け出るかのような状態」を現実からの離脱と表し、「うつつを抜かす」という表現が生まれました。

つまり、何かに深く集中し、意識が曖昧になり、他のことに手がつかなくなる、現実から目を離すような状況を描写しているのです。

「魂が抜ける」という表現は大げさに聞こえるかもしれませんが、実際には深く熱中する様子を表すのです。

この表現の意味を知ると、実際に使ってみたくなるでしょう。

それでは、この表現はどんな状況で使われるのでしょうか?

「うつつを抜かす」の様々な使い方と具体例

私がよく思い出すのは、「恋にうつつを抜かす」という使い方です。

これは、深く愛する人のことを常に考え、他のことに集中できなくなる状況を表しています。

「遊びにうつつを抜かす」という表現もあります。

これは、遊びに夢中になり、勉強や仕事を疎かにする状態を示します。

たとえば、ゲームや友達と過ごす時間に没頭し、勉強を怠ったり、成績が落ちたりする様子を指します。

しかし、「うつつを抜かす」という言葉は、恋愛の文脈ではプラスの意味で使われることもあります。

特に若い方にとっては、恋に熱中することが良い経験になることもあるのです。

趣味に熱中する場合にも、「趣味にうつつを抜かす」という表現が使われます。

これは、趣味に夢中になることが有意義な活動となることを示しています。

このように、「うつつを抜かす」という表現はポジティブな意味でもネガティブな意味でも用いられますが、一般にはネガティブな印象を与えることが多い言葉です。

「うつつを抜かす」に類似する言葉と関連表現

「うつつを抜かす」と同じような意味を持つ言葉や、関連する表現を集めてみました。

以下にいくつかの例を紹介します。

類義語

「熱をあげる」

この表現は、特定の対象に非常に熱中することを意味します。

「○○さんにお熱です」という言葉もありました。

よく芸能人やアイドルのファンになったときに使われる言葉です。

「血道をあげる」

異性や特定の趣味などに、冷静さを失うほど夢中になる様子を描写する表現です。

関連語:

「夢かうつつか」

現実と夢の区別がつかなくなるような非現実的な出来事や状況を遭遇した際に用いられる言葉です。

「夢うつつ」という言葉も同じような意味ですが、夢か現実かはっきりしない状態のことです。

「夢かうつつか」は状況に遭遇したときに使われて、「夢うつつ」は状況で使われる言葉です。

「うつらうつら」

うつらうつらは、ぼんやりとした状態を表します。

居眠りをしていることを「うつらうつらしてた」という風に使います。

この表現は、「うつつ」が持つ「夢見心地」などの意味合いに由来しています。

これらの類義語や関連語は、それぞれ対象や状況は異なりますが、「深く物事に没頭する」という共通のテーマを持っています。

ただし、「うつつを抜かす」はこれらの言葉よりも幅広い意味で使われることが多いです。

関連語については、「うつつ」を含む表現を選んでいます。

うつつは元々現実を指す言葉ですが、夢見心地やぼんやりとした状態を示す際にも使われることがあります。

まとめ

「うつつをぬかす」という言葉は、日本語の成句で、深く何かに夢中になり、現実を見失う状態を表します。

主に恋愛、趣味、仕事など、ある特定の対象に対する強い没頭を意味します。

この表現は、心がその対象に完全に奪われている様子を描写しています。

現実から一時的に離れ、その対象に全ての注意や感情が集中している状況を指します。

この成句は、ポジティブな意味合いでもネガティブな意味合いでも使用されることがあります。

しかし、どちらかというとネガティブな意味合いで使われることの方が多いように思います。

スポンサーリンク
言葉
スポンサーリンク
がねりゅうブログ