「ご尽力いただき」は上司や目上の人に使うと失礼?意味や例文と類語を紹介

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています

仕事
スポンサーリンク

実は、注意が必要な表現があります。それは以下の会話です。

「取引が成立しました。ご尽力いただきありがとうございます。」

「どういたしまして。取引が順調に進んで何よりです。」

営業の先輩は、ある上司のコネを活用して取引を成功させました。

私も営業の仕事をしているので、「尽力」という言葉の意味は理解しています。

しかし、この場合、「ご尽力いただき」という表現を上司や目上の人に対して使用するのは、失礼ではないでしょうか?

なぜなら、上司や目上の人に力を貸してもらったからこそ、取引が成功したのです。

あなたはどうお考えですか?

この記事では、「ご尽力いただき」という表現が上司や目上の人に対して失礼かどうかについて考察し、その結論が出た後に、この言葉の意味を詳しく解説します。

さらに、実際の会話で役立つ例文も提供し、類語を紹介することで、コミュニケーションの幅を広げるお手伝いをします。

それでは、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

「ご尽力いただき」とは、目上の方に向けて使用しても問題ない言葉でしょうか?

「ご尽力いただき」という表現は、目上の方に使う際、失礼ではないかと思うことがあります。

しかし、「ご尽力いただき」には、目上の方への深い敬意と感謝の気持ちが込められています。

「尽力」に「ご」という尊敬の接頭語が付き、さらに「~してもらう」という意味を持つ謙譲語の「いただき」が組み合わさります。

このように、相手への敬意を示し、謙虚な言葉遣いで表現されています。

つまり、「ご尽力いただき」は、相手への高い尊敬と感謝を表す言葉なのです。

したがって、「ご尽力いただき」を目上の方に対して使っても、失礼ではないことが理解できます。

もしかして、私が目上の方に対して失礼な言葉を使っていると思っていましたか?

「ご尽力いただき」という言葉を目上の方に使うことは、決して失礼ではないということがわかりました。

この素晴らしい言葉には、相手への深い敬意が込められており、安心して使用できます。

最後に、この言葉の意味について詳しく理解しましょう。

「ご尽力いただき」という言葉の使い方に関する参考例文

  • 先輩のおかげでプロジェクトが成功しました。本当に「ご尽力いただき」ありがとうございました
  • 弊社が契約を成立させることができました。大変に感謝しております。「ご尽力いただき」、本当にありがとうございます。
  • 弊社商品の口コミに常にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
  • 弊社の業績向上は、お取引先の皆様のご尽力によるものです。

「ご尽力いただき」という表現は、自分の感謝と敬意を相手に伝えるために使う言葉であり、言葉の使い方によって気持ちをより深く伝えることができます。

「相手に感謝と敬意を表す「ご尽力いただき」という表現。

類語も考えてみましょう。

これらの類似した意味を持つ言葉を使うことで、会話のバリエーションを豊かにすることができます。」

類語

  • お骨折りいただき
  • 粉骨砕身していただき
  • お力添えをいただき
  • ご支援いただき
  • ご助力いただき
  • ご助勢いただき

また、「~いただき」という表現の代わりに、「~を賜り」を使用することもできます。

「賜り」とは「目上の方が物を授ける尊敬の言葉」として用いられ、同時に「目上の方から物をいただく謙譲語」としても機能します。

「~いただき」と「~を賜り」のどちらを使っても、相手に対する敬意が適切に伝わります。

まとめ

この記事では、「ご尽力いただき」という表現の基本である「尽力」について詳しく説明しました。

「尽力」には、「ご」という尊敬の意味を持つ接頭語が付き、さらに「~してもらう」という意味を持つ謙譲語の「いただき」が組み合わさり、「尽力いただき」という言葉が生まれます。

「尽力いただき」は、相手への高い敬意を示す言葉であり、したがって、目上の方に対して使用しても失礼になる心配はありません。

「ご尽力いただき」とは、「力をつくして努力していただき(感謝いたします)」という、相手への敬意と感謝の気持ちを表す意味を持っています。

しかし、目上の方に使うのは避けたいと思う場合もあるかもしれません。

そんなときは、類語を試してみてください。「お骨折りいただき」「お力添えをいただき」などの類語も考えてみる価値があります。

今回の内容が皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
がねりゅうブログ